ソニー銀行カードローン Money Kitの審査は?即日融資もできる?

ソニー銀行カードローン Money Kit

スタイリッシュな大手ネット系銀行のカードローン

  • 専業主婦
  • おまとめ
  • 最短即日融資
  • アルバイト
  • ● 金利2.5~13.8%の上限13%台の安心金利
  • ● 月々の返済は2,000円からOK
  • ● 300万円まで収入証明書の提出は原則不要
審査時間 融資時間 実質年率 借入限度額 遅延損害金利率
最短即日 最短即日 年2.5%~年13.8% 800万円 (年率)14.6%

ソニー銀行カードローン Money Kitの即日審査・当日融資について、金利・融資枠・勤務先への在籍確認・借りられる職業・属性など、すべての情報をまとめています。他の消費者金融や銀行カードローンとの比較もあるので、お金を借りる時の参考にしてみてください。

ソニー銀行カードローン Money Kitの審査は?即日融資もできる?

ソニー銀行の口座がなくても即日融資可能

ソニー銀行は、即日融資のスピードでも特に優れています。
理由は「ネット専業の銀行」のため。
楽天銀行などもそうですが、ネット専業の銀行は、どこも即日キャッシングの手続きが早いんですね。

特に便利なのは「ソニー銀行の口座がなくても、即日借り入れ可能」ということ。
銀行カードローンは「その銀行の口座がないと、当日借入できない」というものが多いですが、ソニー銀行の場合、まったく問題ないわけです。

審査所要時間は最短で60分

ソニー銀行カードローンの審査にかかる時間は、最短で60分。
プロミスなどの消費者金融が「最短30分」ということを考えると、銀行カードローンとしては異例の早さと言っていいでしょう。

銀行カードローンでも一部のメガバンクで「最短30分」という場合はあります。
しかし、ほとんどの銀行は「最短即日」程度のスピード。
これと比較すると、銀行カードローンの中でも、マネーキットの審査の早さはかなりの上位と言えます。

何時までに申し込めば、当日借入できるか?

もしソニー銀行以外の銀行に振り込んでもらう場合、午前中には申し込みしましょう。
ソニー銀行の場合は、15時頃までに申し込みすれば、当日借入できることが多いです。

ソニー銀行以外に振り込んでもらう場合、14時30分までに審査完了していればOKです。
審査が最短60分で終わるということは、少し時間がかかるとしても、正午までには申し込めばOKということです(絶対ではないですが)。

もちろん、審査条件が不利な人(個人信用情報にキズがあるなど)の場合は、もっと時間がかかることもあります。
ただ、一般的な人の場合は「午前中の申し込みで、当日借入できる」と思っていいでしょう。

ソニー銀行の口座があれば、15時を過ぎてもOK

ソニー銀行同士の振り込みは、年中無休&24時間対応しています。
カードローンで振り込んでもらう場合も同じなので、この場合、もっと遅い時間まで即日借り入れOKです。

こちらははっきりした時間が決まっているわけではありません。
ただ、ソニー銀行の社員さんの勤務時間を考えると、当日審査してくれるのは17時くらいまででしょう。

と考えると、15時までには申し込めば、17時までに当日審査が完了して、そのまま振り込んでもらえる…と考えられます(これも絶対ではないですが)。

ということで、もしソニー銀行の口座を持っている場合「15時までに申し込む」と考えてください。
ソニー銀行の口座がある場合も、ない場合も、これらの時間はあくまで目安なので、確実にその日中に借りたいという場合、もっと早めに申し込みしましょう。

銀行カードローンでトップレベルの低金利

ソニー銀行カードローンの金利は、実質年率で「2.5%~13.8%」。
これは、すべての銀行カードローンの中でも一番安いレベルの金利です。

たとえば主要な銀行カードローンの中で、一番低金利と言われているイオン銀行のカードローンBIG。
この実質年率は「3.8~13.8%」なので、ソニー銀行の方が下限金利が大幅に安くなっています(上限金利は同じですが)。

借入金額が大きい人は、特におすすめ

このように、すべての銀行カードローンの中でもトップレベルで下限金利が安い―。
これが意味するのは「借入金額が大きい時に、金利が安くなる」ということです。

そのため、300万円や500万円のような巨額の借り入れをする人は、特にソニー銀行がいいということですね。
もちろん、これだけキャッシングする人はめったにいないでしょうが、仮にする場合、「MONEY Kit」が一番いいということです。

少額の借り入れの場合でも、ソニー銀行が有利

先に最大の特徴である「下限金利」について書きました。
しかし、実はソニー銀行は「上限金利」も業界トップレベルで安いのです。

先にも書いた通り、上限金利(高い方の金利)は「13.8%」ですが、これはイオン銀行と並んで、主要な銀行カードローンでは一番安いです。
三菱東京UFJ銀行が「14.6%」、三井住友銀行が「14.5%」というのと比較すると、ソニー銀行・イオン銀行の上限金利が、いかに安いかわかるでしょう。

このように上限金利が安いということは、100万円未満のような「少額融資」の時も低利子…ということ。
つまり「たくさん借りる」場合でも「少しだけ借りる」場合でも、ソニー銀行は有利ということですね。

ソニー銀行カードローンが低金利な理由

上のように書くと「何でそんなに低金利なのか」と、いぶかしがる方もいるでしょう。
ソニー銀行の場合、低金利で融資できる理由がはっきりしています。

それは、実店舗を持たずネット専業でやっている、ということ。
これはソニー銀行だけでなく住信SBIネット銀行などもそうです。

こういう新興のネット銀行のカードローンは、どこも低金利なんですね。
住信SBIネット銀行も、「3.775~12.0%」という、ソニー銀行に匹敵するくらいの低金利で融資をしています。

というようにはっきりした理由があって利息が安いので、「低金利のカードローンで借りたい」と考えている人には、ソニー銀行がおすすめです。

無収入の専業主婦でも、10万円まで借り入れ可能

収入がない専業主婦でも、ソニー銀行なら10万円まで借入可能です。
ただ、これについてはソニー銀行だけが審査がやさしいというわけではなく、銀行カードローンの多くは、専業主婦でもキャッシングできるのです。

むしろ、他の銀行カードローンの場合、専業主婦の限度額は30万円が平均なので、ソニー銀行の「10万円」という金額はやや安いです。
ただ、10万円のような少額融資で充分という人の場合、これはむしろ有利でしょう。

借入可能金額が小さい分、申し込み者も少ない

これはキャッシングの審査全般で言えることですが、借入可能金額などの条件が不利なものほど、申し込み者が少ないです(当然ですね)。
申し込み者が少ないということは、業者・銀行の側も「貸せる相手が少ない」=「割と簡単に審査に通してくれる」ということです。

この辺は、自分が業者・銀行の側に立てばわかるでしょう。
一定の融資は毎月しないと会社を継続できません。
そのため、条件が不利ということで申し込み者が少ないなら、それはイコール「審査に通りやすいということなのです。

ということで、借入可能金額こそ「10万円」と少額なものの、ソニー銀行は逆にそのおかげで、専業主婦がキャッシングしやすいといえるでしょう。
よく「専業主婦が借りやすい」とネットで宣伝されているカードローンの場合、逆に申し込み者が殺到するので、審査に落ちやすいということもありえます。

マネーキットは、学生でも10万円までキャッシング可能

ソニー銀行のマネーキットは、学生でも借入可能です。
限度額は専業主婦と同じで「10万円」。
少額なようですが、消費者金融でも他の銀行カードローンでも、学生の最初のキャッシングの場合、限度額は大抵10万円くらいです。

実際、学生がこれ以上借りると危険なので、このくらいで充分でしょう。
ソニー銀行の学生融資の条件は「20才以上」「アルバイト収入がある」ということ。
これも他の銀行カードローン、消費者金融と同じ条件です。

ちなみに、銀行カードローンの中には「学生キャッシング、完全不可」というところもいくつかあります。
たとえば三井住友銀行・横浜銀行・オリックス銀行などですが、このような銀行カードローンと比較すると、マネーキットは学生が借りやすいと言えます。

マネーキットの審査は厳しいか、甘いか

マネーキットの審査の難易度は、銀行カードローンの標準レベル。
つまり、「審査が厳しい」ということもないですし、甘い・ゆるいということもありません。

しかし、上にも書いた通り「学生キャッシングが可能」という点では、学生というだけで借り入れできない銀行よりは、審査がやさしいと言えます。
また、審査にかかる時間が短いという点で「借りやすい」とも言えます。

つまり、審査の難易度自体は「普通」ですが、「借りやすい」という点では、高く評価していいでしょう。

ソニー銀行カードローンは在籍確認必須

ソニー銀行のマネーキットの審査では、職場への在籍確認が必須。
いわゆる電話確認の回避をする方法はありません。

ソニー銀行は、カードローンの中でも屈指の低金利で、しかも即日融資のスピードも早いという好条件。
大抵、こういう条件のいいカードローンは、それだけ申し込み者も殺到するので、審査がやや厳し目になる傾向があります。

そのため、勤務先への電話連絡をなしにできない…というのは当然だと考えてください。
基本的に銀行カードローンはどこでもそうなので、ソニー銀行だけが審査が厳しい、というわけではありません。

ソニー銀行は、完全に家族バレなしで借入可能

ソニー銀行は、家族に内緒で借りられる…という点でもおすすめ。
自宅に郵送されてくるのは「キャッシュカード」だけで「ローンカード」ではないからです。

つまり「ただ、口座開設しただけ」という形になるわけですね。
「口座開設したから、キャッシュカードが送られてきた」という体裁を装うことができるのです。

もちろん、このキャッシュカードは「カードローンでも利用できる」ものです。
「キャッシュカード一体型」ということですね。
見た目も完全に普通のキャッシュカードなので、堂々と家族に見せてOKです。

審査での、自宅への電話確認もない

これはソニー銀行に限った話ではありませんが、カードローンの審査というのは、自宅への電話連絡はありません。
電話確認が行くのは「自分の携帯」だけなので「審査の電話で家族にバレる」という心配はないのです。

たまにバレるのは「契約後に、ローンカードが自宅に郵送されてくる」ということ。
しかし、この郵便物についても、先にも書いた通り「ただのキャッシュカード」なので、まったく問題なし。

というように、家族や夫・妻に内緒でキャッシングしたい…という人にとっても、ソニー銀行カードローンは、おすすめできるわけです。

在籍確認は必須なので、職場バレいは注意

「ばれないように借りる」という点で、マネーキットは「職場バレ」だけ注意する必要があります。
勤務先への電話連絡が必須なので、その電話をうまく取る必要がある…ということですね。

ただ、これも特に不安視する必要はありません。
ソニー銀行だけでなく、キャッシングの在籍確認というのは、ただの個人名で、普通の用事のようにかかってきます。

「出井ですが、井深さんお見えですか?」という感じですね。
そういう営業などの電話がよくかかってくるサラリーマンの方の場合、まったく問題ありません。

フリーターやアルバイトの人などは、そういう電話は珍しいかも知れません。
この場合は、勤務先の人へのうまい言い訳(説明)を考える必要があります。

「クレジットカードの審査」「銀行で自動車ローンを組もうと思っている」「保険会社からの電話確認」というような言い訳が、よく使われます。
こうした説明を準備しておけば、勤務先にキャッシングがバレる確率も、より低くなるでしょう。

全てのコンビニと、銀行のATMが無料で利用可能

多くのATMを手数料無料で利用できる…というのもソニー銀行カードローンの魅力。
コンビニはすべて無料ですし、銀行のATMも、かなりの数が無料で利用できます。

手数料なしで利用できる提携銀行のATM・一覧

ソニー銀行の借入・返済が無料でできる銀行ATMは、一覧にすると下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

…というように、主要な銀行のATMが揃っています。
みずほ銀行は有料ですが、その他の主要な銀行はすべて、無料でATMが使えるということですね。

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング