三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査ガイド!専業主婦借入れOK!

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

【最短当日融資】が可能な大手銀行系のカードローン

  • 専業主婦
  • おまとめ
  • 最短即日融資
  • アルバイト
  • ● ネット申し込みなら最短30分で審査回答
  • ● テレビ窓口なら土日祝日の即日利用も可能
  • ● 銀行系のカードローンなので専業主婦も利用可能
審査時間 融資時間 実質年率 借入限度額 遅延損害金利率
最短30分 最短即日融資 4.6%~14.6% 500万円 借入利率と同じ

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の即日審査・当日融資について、金利・融資枠・勤務先への在籍確認・借りられる職業・属性など、すべての情報をまとめています。他の消費者金融や銀行カードローンとの比較もあるので、お金を借りる時の参考にしてみてください。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査ガイド!専業主婦借入れOK!

バンクイックは、銀行カードローンの中で最も審査が速い

バンクイックは、全ての銀行カードローンの中で、ダントツで審査のスピードが速いカードローンです。「審査にかかる時間」自体も短いですし、「審査の受付時間」も長いです。

審査は最短30分、消費者金融並の速さ

バンクイックの審査は最短30分で終わります。
これは消費者金融並の早さ。
消費者金融でも、最短30分より早く終わるところはありません。

バンクイックの審査が早いのは、審査をアコムが担当しているため。
アコムが長年蓄積したノウハウやシステムによって、アコムなどの消費者金融と同じ、スピード審査が可能になっているのです。

もちろん、あくまで消費者金融の「システム」を採用しているだけであり、審査基準は消費者金融より厳しいです。
過去の信用情報・与信状況の照会など、そういうシステムだけを借りている…という風ですね。

審査の受付日時が、圧倒的に長い

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、銀行カードローンとは思えないくらい、幅広い日時で即日審査を受け付けています。

土日・祝日も即日審査OK。夜間でもOK。
夜間は平日は20時まで、土曜日・祝日は18時まで、日曜日は17時まで受け付けています。

その場で審査して、その日中に回答。
審査に通ればそのまま借り入れできます。

銀行でここまで柔軟に当日審査を受け付けている所は、他にありません。
消費者金融との中間に位置している新生銀行カードローン「レイク」くらいです。

レイクに比べると土日祝の審査時間が短いですが、金利の安さを考えれば、この受付時間の長さは圧倒的と言っていいでしょう。

無収入の専業主婦でも、夫に内緒で借りやすいカードローンの一つ

バンクイックは、「旦那に内緒でキャッシングしたい」という主婦の方にもおすすめ。
特に自分の収入がない専業主婦の方が、夫に内緒で借りやすいカードローンの一つです。

理由は「夫の同意書(配偶者の同意書)」なしで借りられるため。
他の銀行カードローンの場合、無収入の専業主婦の方が審査に通るには、これが必要なのです。

(自分の収入でなく、夫の収入で借りるのだから、当然といえば当然ですが)

三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、これを省略できます。
「旦那の同意書なし」で借りられるんですね。

三菱東京UFJ銀行以外では、みずほ銀行・楽天銀行・東京スター銀行・イオン銀行などが、同じように「配偶者の同意書不要」で借りられます。
しかし、その他の銀行はすべて必要です。

と考えると、これらの4つの銀行と並んで、三菱東京UFJ銀行は「夫に内緒で借りられる」カードローンの代表ということです。

必要書類は「住民票」と「自分の身分証明書」だけ

上のように「夫の同意書」がなしでいいので、必要書類は「住民票」と「自分の本人確認書類」だけです。

住民票が必要なのは「婚姻関係を証明する」ため。
「この人と結婚しています」というのを証明するんですね。

他にもこれができる「結婚証明書」と呼ばれるものはいくつかあります。
しかし、それは戸籍謄本とか戸籍抄本とか、少々厄介なもの。
住民票が一番簡単なので、普通は住民票を提出します。

三菱東京UFJ銀行カードローンは、学生でも融資可能

バンクイックは学生でも借りられます。
ただし「親権者の同意」が必要というのがデメリット。

親権者の同意書が必要ということは「親にバレる」ということです。
「別にバレてもいい」という場合はいいのですが、大抵は「親に内緒で借りたい」でしょう。

そう考えると、バンクイックは学生さんにとっては少々借りづらいカードローンです。
その他「20才以上」「アルバイト収入がある」という条件もありますが、これは消費者金融でも他の銀行カードローンでも変わりません。

20才以上からなので、未成年の方・10代の方は融資不可です。
これも他のカードローンでも同じルールです。

なお、借入限度額は「10万円以下」と、かなりの少額。
しかし、学生という立場を考えれば、このくらいの方が破産のリスクがなくていいでしょう。

職場への在籍確認は?テレビ窓口での契約なら「電話連絡なし」も可能!

銀行カードローンでは基本的に回避できない「勤務先への在籍確認」。
実は三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は、これも回避しやすくなっています。

銀行内になるテレビ窓口で審査を受ければ、職場への電話連絡なしで借りられるケースも多数。
その人の信用度にもよるので、絶対ではありません。

しかし、特に土日・祝日・夜間など、職場が休みの時には確認できないので、こういう時は電話連絡なしでOK、となりやすいです。
「ある程度収入がある」「借入残高がない・少ない」「信用情報に問題がなり(過去の返済トラブルがない)」という条件を満たしていれば、多くの方がこれで電話連絡なしとなるようです。

あくまで体験談によるデータなので、三菱東京UFJ銀行が公式にそうアナウンスしているわけではありません。
ただ、「絶対に在籍確認を回避できない」と言われる、他の銀行カードローンよりは、かなり審査が柔軟と言っていいでしょう。

家族に内緒で借りたい(バレないでキャッシングしたい)人にもおすすめ

三菱東京UFJ銀行カードローンは「家族にバレないで借りたい」という方にもおすすめです。
というのは、これも「テレビ窓口での審査」ができるため。

この何がいいかというと「ローンカードをその場で発行できる」ということ。
家族バレの原因の多くは、「ローンカードが自宅に届くこと」なのです。

三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口は、消費者金融でいう無人契約機(自動契約機)。
ここで審査するだけでなく、カード発行もできるんですね。

なので、ここでカードや契約書類を発行してしまえば、これらが自宅に送られるのを防げるというわけです。
もちろん、仮に郵送されたとしても「三菱東京UFJ銀行」という絶対的なブランドがあるので、別に特に問題ないのですが、送られないに越したことはないでしょう。

仮に郵送物が来ても、三菱東京UFJ銀行だったら平気

私も長年三菱東京UFJ銀行を利用していますが、ここのDMのハガキや封筒は、結構よく来ます。
家族も見慣れているはずなので、そこにたまにバンクイックからの郵便物が追加されても、何とも思いません。

表にバンクイックとはっきり書かれてはいませんし「三菱東京UFJ銀行」という名前が出ているだけです。
なので、長期間利用していて、何かのタイミングで郵便物が来ても、別に家族バレはしないということですね。

(もちろん、夫バレ・妻バレもありません)

フリーターやパート・アルバイトでも、バンクイックは融資OK

バンクイックは、自分の収入がある人なら誰でも融資可能。
つまりアルバイト・パートやフリーターの方でも借り入れできるということです。

借りられる金額については、特に基準はありません。
バンクイックは銀行カードローンで、総量規制の対象外なので「年収の3分の1まで」という制限もありません。

ただ、アルバイト・パートなどの不安定な職業の方の場合、大体年収の3分の1以内に収まります。
もっと少ない金額になる場合も多いです。

この辺は勤続年数やその他の条件によってケースバイケースですが、とにかく借り入れ自体は問題なく可能です。
(もちろん、即日融資もできます)

収入証明書は必要?100万円までならなしでOK

三菱東京UFJ銀行カードローンは、100万円までは収入証明書なしで借りられます。
これは銀行カードローンの中では少し小さめの金額。

みずほ銀行・楽天銀行は200万円までOKですし、オリックス銀行・三井住友銀行は300万円までOKです。

…という風に比較すると三菱東京UFJ銀行がやや劣っているようですが、この点は特に問題ないでしょう。
100万円以上の大きなキャッシングをする時に、収入証明書の用意が面倒…という人は少ないはずです。

いや、面倒かも知れませんが「100万円借りるためなら、そのくらいは仕方ない」と誰でも思うはずです。
また、100万円のキャッシング自体が、そもそもめったにありません。

というわけで、個人的にこれは大したデメリットではないと考えます。
三菱東京UFJ銀行カードローンは、即日融資など「誰にとっても必要なサービス」に徹底して改善を加えているということ。

そして、「収入証明書なしで借りられる金額」などの、優先順位の低いサービスについては、力をあえて抜いているといえるでしょう。

全てのコンビニと、三菱東京UFJ銀行のATMが無料で使える

バンクイックは、全国の全てのコンビニと、三菱東京UFJ銀行のATMを手数料無料で使えます。

三菱東京UFJ銀行のATMについては、普通なら有料となる「時間外」でも、無料で利用可能。
カードローンは、普通の預貯金より優先されているわけです。
(それだけ沢山の利子を取られている、とも言えますが)

利子の問題はさておき、三菱東京UFJ銀行と全てのコンビニATMが無料で使えれば、もう「いつでもどこでも」借入・返済できるようなもの。
特に「いつでも返済できる」というのは大きいです。

こうして返済しやすい状況にあれば、気が向いた時にコツコツ返済できます。
借金というのは、一度に大きな金額を返すのも大事ですが、意外とこうした小まめに返済が効果的なのです。

バンクイックの審査は厳しいか、甘いか

バンクイックの審査は銀行カードローンの標準レベルです。
つまり、難しくもないしゆるくもないのですが、「審査を受けやすい」というのは確かです。

まず、土日・祝日はほとんどの銀行カードローンが審査自体、受け付けていません。
しかし、バンクイックなら当たり前のように、土日・祝日でも即日審査できます。

夜間の審査もそうです。
夜間も多くの銀行が審査をしていませんが、バンクイックなら審査可能。

というように「好きな日時に審査を受けやすい」という点で、ある意味「一番審査が簡単」なのは間違いありません。
(くれぐれも、甘いとか緩いという意味ではありません。サービスがいい、という意味です)

また、職場への電話連絡についても、他の銀行なら必須ですが、バンクイックのテレビ窓口審査なら、場合によっては「電話連絡なし」も可能です。
そういう点で、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は「一番柔軟」と言えるでしょう。

バンクイックの金利は高い?安い?他の業者・銀行と比較すると?

バンクイックの金利は、消費者金融と比較すると断然安いです。
双方の実質年率を比べるとすぐわかります。

消費者金融の実質年率は、平均で「4.5%~18.0%」。
バンクイックの実質年率は「4.6%~14.6%」です。

下限金利こそほぼ同じですが、上限金利はだいぶ違うことがわかるでしょう。
普通の借入金額の場合、この上限金利になります。

金利というのは「借りれば借りるほど安くなる」もの。
原理は「まとめ買い割引」と同じです。

普通の人は、少額しか借りないので、高い方の金利「上限金利」が適用されるんですね。
なので、「どこの金利が安いか」を見るときは、「上限金利で比べる」のが基本なのです。

その点、三菱東京UFJ銀行カードローンは消費者金融より大分安いです。

銀行カードローンの中では、標準レベル

逆に銀行系カードローン同士で比較すると、これは普通です。
たとえば楽天銀行は「4.9%~14.5%」ですが、これはバンクイックとほぼ同じ金利です。

逆に銀行カードローンの中でも低金利と言われるみずほ銀行と比較すると、やや高いです。
みずほ銀行の金利は「4.0%~14.0%」となっています。

代わりに即日融資のしやすさ、家族バレのしにくさ、電話連絡をなしにできること…などで比較すると、断然三菱東京UFJ銀行に軍配が上がります。

というように、バンクイックは金利に関しては可もなく不可もなく、という感じですが、その他の面で総合的に優れているわけですね。

バンクイックは個人事業主・会社経営者でも借り入れOK

バンクイックは自分で事業をしている自営業の方でも借りられます。
自営業・会社経営者・個人事業主・フリーランス…などに該当する方は、収入証明書の提出によって、融資OKとなります。

普通は100万円までは不要ですが、これらの属性の方は、希望金額がいくらでも所得証明書が必要です。
所得証明書は「確定申告書・納税証明書・住民税決定通知書」などを提出すればOK。

収入や現時点の借り入れなどに問題がなければ通ります。

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング