みずほ銀行カードローンの審査の流れ!金利、審査、専業主婦利用など解説

みずほ銀行カードローン

【限度額最大1000万円】大型利用OKのカードローン

  • 専業主婦
  • おまとめ
  • 最短即日融資
  • アルバイト
  • ● ネットで完結するWEB完結申し込みが可能
  • ● 限度額200万円までは収入証明書が不要
  • ● みずほ銀行口座があれば最短即日融資も可能
審査時間 融資時間 実質年率 借入限度額 遅延損害金利率
最短即日 最短即日 3.5%~14.0%  3.0%~7.0% 1,000万円 年率19.9%

みずほ銀行カードローンの即日審査・当日融資について、金利・融資枠・勤務先への在籍確認・借りられる職業・属性など、すべての情報をまとめています。他の消費者金融や銀行カードローンとの比較もあるので、お金を借りる時の参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローンの審査の流れ!金利、審査、専業主婦利用など解説

みずほ銀行は、専業主婦が夫に内緒で借りやすい

みずほ銀行カードローンの特徴はまず、「専業主婦が夫にバレずに借りやすい」ということ。
その理由は「配偶者の同意書不要」で借りられることにあります。

キャッシングのルールでは、無収入の専業主婦の方がお金を借りる場合「配偶者の同意書(夫の同意書)」が必要なことになっています。
これはつまり「夫に相談する=バレる」ということ。

これが「専業主婦が夫に内緒で借りにくい」理由なのですが、いくつかの銀行カードローンは、最近この「夫の同意書」がなくても、借りられるようになっているんですね。

その一つがみずほ銀行です。
みずほ銀行以外では「楽天銀行・東京スター銀行・イオン銀行・三菱東京UFJ銀行」などが、旦那の同意書なしで借りられるようになっています。

山ほどある銀行カードローンの中でも、このようにごく一部ですが、これらの銀行なら、夫に内緒で借りやすい。
みずほ銀行はその一つ、というわけです。

みずほ銀行カードローンは、夫・旦那以外の家族にもバレにくい

みずほ銀行が「バレずに借りられる」のは、相手が夫・旦那の時だけではありません。
妻・親・子供含めて、すべての家族に対して、内緒で借りやすくなっています。

その理由は「みずほ銀行」というブランドのため。
日本の三大メガバンクの一つですから、その信頼感は絶大です。

カードローンに申し込んでも、届く郵便物は「みずほ銀行」という名前。
つまり、普通の口座開設の時などと、同じような体裁なのです。

他の銀行ならともかく、みずほ銀行や三井住友銀行のようなメガバンク―。
これらから書類が届いても、家族は別に不審がりません。

「ネットの買い物で、みずほ銀行に振り込むこと多いから、一応口座開設しておいた」というような理由を説明すれば、家族も納得するでしょう。

というように家族バレを防ぐには「郵便物が届かない」というのも大事なんですが「届いても、怪しまれない」というのも大事なんですね。
その点、みずほ銀行の知名度があれば安心、というわけです。

みずほ銀行は即日審査&当日借入も可能(口座なしでもOK)

みずほ銀行の口座がなくても、みずほ銀行のカードローンは即日審査&当日融資できます。
口座がある時とない時で当日融資の流れが大分違いますが、それぞれ説明します。

みずほ銀行の口座がない場合

ない場合は、まず口座開設から始まります。
当日中に開設するためには、みずほ銀行の店舗に行くことが必要。

店舗に行き、口座開設とカードローンの申し込みを同時にします。
これについては、銀行内で社員さんに相談すればうまく案内してくれるでしょう。

口座開設には身分証明書と印鑑が必要。
カードローンの審査と違って、特に難しいことはありません。

(今までも銀行の口座開設は経験されていると思いますが、それと同じ流れです)

口座開設にかかる時間は、銀行の混み具合にもよります。
しかし、平均して1時間くらいあればできるでしょう。

カードローンの審査はかなりかかります。
直接来店という一番早い方法なので、ネットのみの審査よりは早いですが、それでも数時間は覚悟しておきましょう。

審査に通った後の借り入れの仕方

そして、カードローンの審査も無事に通ったら、そのままみずほ銀行で借ります。
この時重要なのは「ATMから引き出せない」ということ。

口座開設はすぐに出来ても、キャッシュカードはすぐに発行されないのです。
郵送によって住所確認をするので、その場では受け取れないんですね。

なので、カードローンから振り込んでもらっても、ATMからは引き出せません。
そのため「窓口で直接」引き出すわけです。

これは初めて経験する方も多いでしょう。
用紙に記入して、順番を待って、順番が来たら窓口に行って、用紙と通帳を見せて引き出します。

ATMなら一瞬で終わる作業を、このようにアナログなやり方でやるわけですが、カードがないので仕方ありません。
もし、みずほ銀行カードローンで「口座開設から始める」という場合、ここで思わぬ時間を食います。

銀行が閉まる前に、順番待ちの番号さえもらえば、時間切れになることはありません(つまり、当日借りられます)。
ただ、待たされるのは確かなので、その時間も計算しておきましょう。

みずほ銀行の口座がある場合の審査&融資

この場合は簡単です。
みずほ銀行カードローンの公式サイトには「当行口座をお持ちの方はこちら」というボタンがあります。

そこをクリックして、後は案内に沿って必要項目を入力するだけです。
全部で7分~10分ほどで入力できます。
パソコン・スマートフォン・携帯電話(ガラケー)の、どの端末でもアクセス可能です。

そして、情報を送信したら、後はみずほ銀行が審査をし、あなたの携帯と職場に電話確認をして、それで完了。
問題がなければ、そのままあなたのみずほ銀行の口座に振り込まれます。

みずほ銀行カードローンは学生への融資も可能。審査はやや厳し目

みずほ銀行カードローンは、学生でも借り入れできます。
ただ、実際にみずほ銀行で借りた学生さんの体験談や口コミを見ていると、審査はやや厳し目のようです。

借り入れの条件は「20才以上」で「アルバイト収入がある」ということ。
三菱東京UFJ銀行などで必要な「親権者の同意」は不要です。

(この点は、比較的審査に通りやすいといえるかも知れません)

みずほ銀行の学生への審査がやや厳し目なのは「学生OK」と明記していないことでもわかります。
学生への審査がゆるめの業者や銀行は、「学生も融資可能」と、サイトにはっきり明記しています。

しかし、みずほ銀行は明記されておらず、あくまで「20才以上で安定した収入があればOK」というだけ。
なので、学生のアルバイト収入がどこまで「安定した収入」と認定されるかによります。

消費者金融などの審査よりも、少し多めの月収が求められる、と考えた方がいいでしょう。

女性のキャッシングには「みずほMy Wing」がおすすめ

みずほ銀行は女性向けの「みずほMy Wing」というコースも用意しています。
「わたし応援ローン」と銘打たれたもので、金利などのスペックは普通ですが、女性向けのプレゼントなどが用意されています。

たとえば契約が完了すると、ハローキティのあぶらとり紙など、女性に嬉しい可愛いアイテムがプレゼントされます。
その他、ローンの利用状況に応じて、随時プレゼントがもらえます。

金利は「12.0%~14.0%」で、限度額は「10万円~100万円」と、普通のみずほ銀行と変わりません。
(限度額が小さくなっているので、下限金利も高めになっていますが、金利全体が高いわけではありません)

金利などは変わらないので、主に「プレゼント」「女性オペレーターが対応してくれる」というのが、女性におすすめのポイントと言えるでしょう

みずほ銀行カードローンの返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法は大別して3通り。
「自動引落」「任意返済」「みずほダイレクト」ですが、それぞれ詳しく説明します。

銀行口座からの自動引落

これは、携帯料金などの支払いと同じです。
毎月10日に指定の口座から自動的に引き落とされるというもの。
手数料はかかりません。

任意返済

これは、自分の好きな時にATMから返済するもの。
みずほ銀行のATMはもちろん、コンビニのATMからも返済できます。

注意が必要なのは「コンビニのATMはすべて有料」ということ。
みずほ銀行のATMも、営業時間外の場合、有料です。

特に小まめに返済する場合、手数料が蓄積されると大きな金額になるので、できるだけみずほ銀行のATMで、時間内に返済しましょう。

みずほダイレクトでのお取引

みずほダイレクトというのは、簡単にいうと「ネットバンキング」と「テレホンバンキング」の融合です。
最近の人には「ネットバンキング」の方がわかりやすいでしょう。
あれをさらに「電話(音声)でも操作できる」ということです。

スマートフォンでも操作できるので、いつでも思いついた時に返済できるというのがポイントです。

借り換えローン・おまとめローンにもおすすめ!

みずほ銀行カードローンは、公式サイトでも「おまとめ・借り換え」への利用が推奨されています。
「みずほ銀行カードローンのポイント」の一覧でも、3つ目のポイントとして「借り換えもカンタン!」と強調しているくらいです。

実際、借入限度額も大きく、金利も安いということで、おまとめローン・借り換えローンに必要な条件を満たしています。
借入限度額は最大1000万円ということで、キャッシングの中でも最高の金額を誇っていますし、金利も銀行カードローンの中でも特に安くなっています。

実際、借金の一本化のためにみずほ銀行カードローンで契約した方も多く、そうした方の借金の一本化の成功の体験談も、ネットで多く見られます。

みずほ銀行の口座を持っていれば、200万円までは収入証明書不要

みずほ銀行カードローンは、200万円までは収入証明書なしで借りられます。
条件は「みずほダイレクトを利用している」か「通帳を手元に用意できる」ということ。

みずほ銀行の口座があれば「通帳の用意」はできるはずなので、実質「口座があれば200万円まで収入証明書なしでOK」ということです。
おまとめローンでもない限りは、200万円まで借りることは少ないとは思いますが、何にせよ、提出書類が少なくていいというのは楽なもの。

ただ、自営業や個人事業主の方の場合、他のカードローンと同様、所得証明書が必要になります。

カードは「キャッシュカード兼用型」がおすすめ

みずほ銀行カードローンのカードは、2種類発行できます。
「キャッシュカード兼用型」というものと「カードローン専用型」です。

兼用型は「普通の預貯金の引き出しにも使える」というもの。
専用型は「カードローンだけに使える」というものです。

はっきり言って「専用型」を選ぶメリットは何もありません。

カードローン専用ということで、家族に見られた時も、カードローンを使っていることがバレてしまいます。
また、普段からみずほ銀行を使う方なら、通常のキャッシュカードと2枚持ち歩く必要があり、これも不便です。

これに対して兼用型は、見た目には普通のキャッシュカードなので、家族にカードを見られても問題ありません。
そして、持ち歩くカードも1枚でいいので、持ち歩きも楽です。

どう考えても「キャッシュカード兼用型」の方がメリットが大きいので、こちらで発行することをおすすめします。

審査を担当する保証会社はオリエント・コーポレーション(オリコ)

みずほ銀行カードローンの審査は、みずほ銀行が自らしているわけではありません。
オリエント・コーポレーション(オリコ)を保証会社として、ここに任せています。

このやり方は、他の銀行カードローンも同じです。
三菱東京UFJ銀行はアコム、三井住友銀行はプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)を、それぞれ保証会社としています。

このようにオリコが審査に絡んでいるため、過去にオリコでいい返済実績を積み重ねた人は、審査にも通りやすいかも知れません。
反対に、オリコで遅延・延滞が多かった方、返済事故を起こした方などは通りにくい可能性もあります。

何にしても、オリコという歴史の長い消費者金融が審査を担当しているため、みずほ銀行カードローンは審査のスピードも早いです。
急ぎでお金が必要な方でも安心して申し込んでください。

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング