新生銀行カードローンレイクの即日審査のポイントと申し込みガイド

新生銀行カードローンレイク

無利息期間が借入金額の【全額30日間/5万円まで180日間】から選べる!

  • おまとめ
  • 最短即日融資
  • アルバイト
  • ● 条件を満たせば即日融資も対応可能
  • ● 安定した収入のあるパート・アルバイトも利用可能
  • ● 全国の提携コンビニで借入・返済のATM手数料無料
審査時間 融資時間 実質年率 借入限度額 遅延損害金利率
最短30分 最短即日 4.5%~18.0% 500万円 20.0%

新生銀行カードローンレイクの即日審査・当日融資について、金利・融資枠・勤務先への在籍確認・借りられる職業・属性など、すべての情報をまとめています。他の消費者金融や銀行カードローンとの比較もあるので、お金を借りる時の参考にしてみてください。

新生銀行カードローンレイクの即日審査のポイントと申し込みガイド

即日融資可能で、無利息期間が最も充実!

新生銀行カードローン「レイク」の最大の魅力は「無利息期間」。
アコム・プロミスと同じ「初回30日間無利息」に加えて「5万円まで180日間無利息」というシステムもあります。

特に5万円以内の少額融資であれば、最もお得なカードローンです。
半年あれば5万円なら誰でも完済できるはずなので、実質「利子なし」というのと同じです。

このように無利息期間が充実している上に、即日融資も可能。
それが新生銀行カードローン「レイク」の魅力です。

30日や180日を過ぎたらどうなるのか?

これはまったく問題ありません。
最初の30日や180日の分の利子は、一切なかったことになります。

つまり、過ぎたとしても何も問題ないということ。
過ぎた日を1日目として、そこから初めて利息がかかり始める…ということですね。

なので、この無利息期間というのは利用者にとってメリットしかないのです。
スポーツジムなどでいう「無料体験」のようなもので、レイク側としては、ここで赤字を出しても、その後継続して利用してもらいたい…という意図を持っているんですね。

新生銀行カードローン「レイク」の即日借り入れは、土日・祝日でもOK!

レイクは土日・祝日でも即日審査して、そのまま当日借入できます。
たまに「銀行振り込みができないので、土日は融資できない」という口コミを見ますが、これは間違いです。

レイクは普通の銀行カードローンとは違います。
銀行振り込みだけでなく「無人契約機でカード発行をする」という方法があるのです。

カードを発行すれば、そのカードを使って、レイクやコンビニ・銀行のATMで、いつでも自由に借入できます。
そして、その無人契約機が、レイクは土日祝も営業しているし、審査もできるので、「土日・祝日でも即日審査&融資」はできるのです。

夜間も21時まで審査受付&当日の借り入れ可能

レイクは夜間でも同じように即日審査&即日融資可能です。
自動契約機が21時まで開いているので、この21時まで自動契約機に入り、審査を開始すればいいのです。

21時に審査開始なので、審査が終了する時間は、「21:30」くらいでしょう。
その後で、その場でカードを発行し、そのままレイクのATMで借りたり、コンビニで借りたりすればいいんですね。

自動契約機は24時まで開いているが、審査は21時までなので注意

レイクの審査時間でよくある間違いが「自動契約機なら24時までOK」というもの。
確かに、レイクの自動契約機は24時まで営業しています。

(ATMでなく、自動契約機が24時まで動いています)

しかし、これは「審査を受け付ける」だけで、実際の審査は「翌日以降に持ち越し」なんですね。
21時までに開始された審査は、「その日中」にやってくれますが、それ以降は翌日になってしまうのです。

この辺は、レイクの即日融資の締切時間で、よくある間違いです。
くれぐれも注意してください。

レイクは無収入の専業主婦は借りられない、収入があれば借り入れOK

新生銀行カードローン「レイク」は、自分の収入がない専業主婦の方ではキャッシングできません。
しかし「自分の収入がある」場合はOKです。

つまりパートや派遣社員などで働いていればOKということですね。
これはレイクに限らず、すべての消費者金融が採用している審査のルールです。

しかし、育児や家事などの都合で、どうしても働けない主婦の方もいるでしょう。
その場合は、銀行カードローンなら、無収入の専業主婦の方でも借りられます。

「配偶者貸付」という制度で「旦那の収入」によって借りるのですが、これだったら自分の収入がなくても大丈夫です。

レイクは学生でも、アルバイトをしていれば借りられる

学生さんでも借り入れOKです。
条件は「アルバイト収入がある」「20才以上」ということ。

親権者の同意が必要ないというのは、学生にとっては助かるところです。
やはり「親に内緒で借りたい」「親にバレないで借りたい」という学生さんが多いでしょうから。

「20才以上」という条件もあるので、10代(未成年)の大学生の方などは、借りられません。
実際、まだ金銭感覚のしっかりしていない10代でキャッシングを覚えてしまうと、後々大変なことになるので、借りられない方がいいでしょう。

アルバイト・パート・フリーターでも借りられる?

新生銀行カードローン「レイク」は、フリーターやパート・アルバイトの方でも借りられます。
基本的に「自分の収入があればOK」という審査スタイルなので、これらの方ならまったく問題ないわけです。

もちろん、借入残高が多かったり、多重債務だったり、過去の信用情報に問題があったりしたら、収入があってもダメです。
しかし、それらの問題がなく、毎月の安定した収入があるようなら、フリーターだろうとアルバイトだろうと、レイクの審査は通ります。

(レイクに限らず、こうした普通の条件さえ満たしていれば、キャッシングの審査は基本的に通ります)

レイクは勤務先への在籍確認が必須、なしにはできない

キャッシングの審査では「勤務先への電話確認」というものがあります。
いわゆる「在籍確認」ですが、レイクではこれを回避することはできません。

他の消費者金融だと「書類の提出によって電話連絡なし」にできる業者もあります。
これらの業者と違い、レイクでそれはできないんですね。

しかし、在籍確認はそれほど困るものではありません。
「レイク」「新生銀行」などの名前は一切出さず、個人名で尋ねられるだけです。

在籍確認をするオペレーターさんも、自然な流れで聞き出すことには慣れているので、まったく問題ありません。
「在籍確認の電話が来ると、職場の人にバレる」という理由で、これを嫌がる人は多いです。

しかし、実際にはこうした電話確認によって職場バレが起こることは、ほとんどないと考えてください。
(業者も、職場バレしないようにした方が利用者が増えるので、うまく自然に確認してくれます)

家族に内緒でのキャッシングは、レイクならやりやすい

新生銀行カードローン「レイク」は、「家族に内緒でキャッシングしたい」という方にとってもおすすめ。
というのは「ローン契約機がある」からです。

ローン契約機があると何がいいのか。
それは「郵便物が送られてこない」ということです。

カードローンを契約した後は、どこも必ず送ってくる郵送物があります。
それが「ローンカード」。借入・返済に使うキャッシュカードのようなものです。
(また、付随する書類も送ってくることがあります)

しかし、レイクの場合はこれらを「ローン契約機」で受け取れるんですね。
ローン契約機でカードを発行できるし、その他の書類も受け取れるのです。

というわけで、郵便物が一切来ない。
だから家族に内緒で借りやすい…というわけなんですね。

審査の段階で、自宅への確認電話も来ない

これはレイクだけではありませんが、審査の時に自宅に電話がかかってくる…ということはありません。
キャッシング審査でかかってくる電話は「自分の携帯」か「職場(勤務先)」のみ。
自宅に電話をかけるような業者・銀行はないのです。

中小業者は、自宅に電話することもあります。
中小業者は一日に受ける審査の件数が少ないのと、1件の貸し倒れのダメージが大きいので、慎重に審査をするのです。
そのため、自宅に電話することもあります。

しかし、大手はレイクを含めて、どこも自宅にはかけません。
なので、電話によって家族にキャッシングがバレるということもないのです。

レイクの審査は通りやすい?厳しい?甘い?

新生銀行カードローン「レイク」の審査は、厳しいとも言えるし甘いとも言えます。
というのは「消費者金融と銀行カードローンの中間」にあるため。

消費者金融にしては「審査が厳しい」と言えます。
逆に銀行カードローンにしては「審査が柔軟」と言えます。

これは審査通過率という数字にもはっきり出ています。
レイクの審査通過率は「約37%」。

消費者金融の平均は「約40~49%」なので、消費者金融の平均よりは、大分審査が厳しいです。

反面、銀行カードローンの平均は「約20~30%」。
これと比較すると、レイクは「審査に通りやすい」といえます。

あくまで審査通過率という一つの数字で見た場合ですが、審査の難易度の参考にはなるでしょう。

レイクの即日借り入れをさらにスピーディーにする方法

レイクの即日審査&借り入れを、さらに早くする方法。
これはまず「ネットで仮申し込みだけする」ということ。

そして、本審査を自動契約機(無人契約機)で受ける、という方法です。
本審査というのは「本人確認書類の送信」「在籍確認の電話」「申込書の記入」などです。

このやり方だと、なぜ審査が早いのか。
理由は「無人契約機にいるお客さんは、待たせてはいけない」からです。

これは当然ですよね。
自宅にいるお客さんは自由にいろいろできますが、自動契約機のお客さんは何もできません。

なので優先的に審査して、早く帰してあげる必要があるのです。
しかし、最初からすべて自動契約機で審査すると、これは大変なんですね。

というのは「個人情報の入力」が面倒なため。
キャッシング審査の個人情報というのは、住所や名前だけではありません。

たとえば自宅の情報なら、「持家か賃貸か」「自分名義か、家族名義か」「家賃やローンの支払は月いくらか」ということを細かく答えるわけです。
これを全部手書きやタッチパネルでやっていたら、大変な手間。

なので、これらの入力だけ、先にパソコンやスマートフォンからして、それから自動契約機に行った方がいいんですね。

この「ネット申込み→無人契約機」の流れは、どの消費者金融でも推奨されている審査の受け方です。
レイクでも特に審査を急いでいる方は、ぜひこの方法で申し込みしてください。

新生銀行カードローン「レイク」を利用する時の注意点

レイクを利用する時の注意点は、まず「利用明細の輸送をストップする」ということ。
初期設定だと、レイクは毎月、利用明細を自宅に郵送してくれます。

これを停止するには、レイクの専用フリーダイヤルに電話します。
それでその後はもう領収書も利用明細書も送られてこなくなります。

最初、これを知らずに利用明細が郵送されて焦った、という体験談は多いです。
ぜひ注意してください。

コンビニのATMは、すべて手数料無料

ATMの利用手数料ですが、レイクの場合、コンビニはすべて無料で使えます。
セブンイレブン・ミニストップなどの大手はもちろん、無名のチェーン店も全てです。

銀行のATMについては、新生銀行のATMのみ無料。
しかし、コンビニATMがすべて無料だったら、それで十分でしょう。

借入・返済ともに無料ですが、特に「返済が無料」というのが大きいです。
いつでも思いついた時に返済できるので、どんどん借金が減っていきます。

こういうコツコツ返済を継続するというのは、借金完済の基本中の基本。
それを後押ししてくれる「コンビニATMの手数料なし」というシステムは、とてもありがたいものです。

レイクのおまとめローンはどう?高金利なので、おすすめはできない

レイクのデメリットも紹介すると、おまとめローンについては金利が高いのでおすすめできません。
たとえば200万円以上を借りても、実質年率で「12.0%~15.0%」です。
他の銀行カードローンで200万円以上借りたら、10%を下回ることも多いです。

それと比較すると、レイクのこの金額での金利は「1.2倍~1.5倍以上」ということ。
これだけ金利が高かったら、あえてレイクで借金の一本化をする必要はないでしょう。

他の銀行カードローンすべて審査に落ちってしまって、銀行カードローンでのおまとめはもう無理…となった時に、初めてレイクで申し込むという感じです。
ちなみに、消費者金融でおまとめする時も、レイクと大体同じくらいの年率です。
この点、レイクは銀行系カードローンというより、消費者金融としての性格を、まだ多く残しているかも知れません。

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング