賞金額の大きい公募小説に応募してお金を稼ごう

おまとめローン

2014.09.09

このところ小説公募の賞金額が年々大きくなっているようで、中には1000万円に達するものも出ています。これだけの賞金を手にすると、2年ぐらいは遊んで暮らせるのではないでしょうか。それだけではありません。1度大きな賞を手にすると出版社が黙ってはおらず、次の作品執筆を依頼してきます。

img137

すると今度は印税収入が手に入ります。印税は定価の10%前後が普通でから、仮に10%として1500円の定価の本が1万冊売れると印税額は150万円になります。ということは少しヒットして10万冊売れると1500万円にもなるのです。さらに100万冊の大ベストセラーにもなると、印税だけでなんと1億5000万円も入ってきます。それだけではありません。もし後にその小説が映画化でもされると、さらに1000万単位の収入がが入ってくるのです。ではそうしたことが可能になる小説の高額公募にはどのようなものがあるのか、ここでは500万円以上のものを並べてみることにしましょう。

<このライトノベルがすごい!大賞>賞金500万円。主催⇒宝島社。<江戸川乱歩賞>賞金1000万円。主催⇒日本推理作家協会。<日本ファンタジーノベル大賞>賞金500万円。主催⇒読売新聞社、清水建設。<日本ミステリー文学対象>賞金500万円。主催⇒光文文化財団。など。

【公募小説で稼ぐためには人一倍の努力と忍耐がいる】

上で挙げたように、公募小説の賞金は年々高くなっています。上のものはほんの一例に過ぎず、賞金額100万円以上のだと、全部で数十件にも及びます。したがって応募するチャンスは無数にあるといっても過言ではありません。しかし小説を書くには時間が要ります。高額賞金のものになるほど、枚数制限が高くなりますからそれだけ執筆時間は長くなります。したがって仕事の合間に書くのなると、少なくても1年ぐらいかかるのではないでしょうか。それにたとえそれだけの枚数を書き終えて応募したとしても、予選を通過するのは応募作品の1割程度です。賞をとると作家デビューが約束されている大手出版の公募小説新人賞ともなると、1回に1000篇前後の応募があります。

その中から第1次予選に通過するのが、100篇前後、第2次予選ではそれが20篇ぐらいに絞られます。その中から入賞候補作が数編選ばれ、その後ようやく入賞作品が決定されるのです。小説公募ではこのような厳しい道のりを経て受賞作品が決定されるのです。でも、これだけ厳しい道のりだからこそ、高額賞金と、その後の作家への道が開かれるのです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング