消費者金融でもおまとめローンをする意味はあるの?

おまとめローン

2017.07.04

白い電卓と家計簿とペン

借入総額が100万円以上の場合は低金利になる

消費者金融でもおまとめローンを利用する意味は、もちろんあります。「消費者金融から消費者金融へのおまとめでは、同じ金利だから意味がないのでは?」と主方もいるでしょう。

確かに100万円未満の借り入れだったら同じ金利です。しかし100万円以上の借入総額になると、消費者金融でも金利が下がるようになっているんですね。

利息制限法によって、金利が変わる

この「100万円」というボーダーラインは利息制限法という法律によって定められたもの。利息制限法では、キャッシングの金利(実質年率)の上限金利・法定金利を下のように定めています。

  • 10万円未満…20.0%
  • 10万円~100万円未満…18.0%
  • 100万円以上…15.0%

これは法律によって決まっていることなので、大手だろうと中小だろうと、すべてのキャッシング業者が絶対に守らないといけないルールです。そのため、「借入総額が100万円を超えている場合は、消費者金融のおまとめローンで一本化するだけでも低金利になる」ということが「法律的に」決まっているわけです。

100万円未満でも低金利になる?

また、100万円より小さい金額でも、低金利になる可能性があります。アイフルのおまとめMAXの上限金利は「15.0%」なので、このおまとめローンの審査に通った時点で、金利は必ず「15.0%」になるからです。消費者金融の普通の金利は18.0%ですから、3.0%低金利になる…ということですね。

あくまで「審査に通れば」ですし、もしかしたら「100万円以上の借入総額でなければ、受け付けない」というルールかも知れません。この辺はおそらくケースバイケースで「信用度(クレジットスコア)が高い人だったら、多少小さい金額でも審査を通して、この上限金利で融資する」という可能性はあります。優良顧客が欲しいのは、どんな商売でも同じですからね。

ということで、アイフルのおまとめMAXでも、100万円未満のキャッシング総額でおまとめして低金利になるかどうかは「その人次第」と推測できます。ただ、一応「100万円未満で金利が下がる可能性が一番高いのは、アイフルのおまとめMAX」と考えていいでしょう。

アイフルのおまとめMAX以外は?

アイフル以外の消費者金融では、プロミス・アコムがおまとめローンを提供しています。ただ、アコム・プロミスのおまとめローンは通常のキャッシングと同じ金利なので、100万円以上にならない限り、おそらく低金利にはならないと推測できます。それぞれの上限金利を、アイフルも含めて一覧にすると下のようになります。

  • アイフル…15.0%
  • プロミス…17.8%
  • アコム…18.0%

このように、上限金利ではアイフルのおまとめMAXが圧倒的に安い…というのがわかるでしょう。アイフルも普通のキャッシングの時は実質年率18%でアコムと同じ(でプロミスよりやや高金利)となっているのですが、おまとめローンに関しては、このようにアイフルが突出して低金利なんですね。

なお、これは「上限金利」のみの比較です。下限金利では下のように「プロミスがダントツで低金利になる」ので、借入総額が大きい時はプロミスで一本化した方がいい…と考えて下さい。

  • プロミス…6.3%
  • アコム…7.7%
  • アイフル…12.0%

この通り、下限金利になると突然、アイフルの金利はプロミスの2倍程度の高金利になってしまうのです。アイフル・プロミスそれぞれ、コンセプト(対象とする利用者の借入総額)がハッキリしているということですね。(それに対して、アコムのおまとめ金利はやや中途半端なイメージを受けます)

返済の手間・手数料が減る

さらにおまとめローンの2つ目のメリットとして、返済にかかる手数料・手間が減るということが指摘できます。これは多重債務になったことがなくても、何となく想像がつくでしょう。このメリットについてまとめていきます。

ATMの利用手数料は馬鹿にならない

返済の手数料といえば、やはり一番よくかかるもの、利用者の方々が支払っているものは「ATMの利用手数料」です。これは意外と高くて、大体下のようになっています。

  • 1万円未満の返済…100円、税別
  • 1万円以上の返済…200円、税別

「普通のATMの利用手数料じゃん」と思う人もいるかも知れません。しかし、重要なのはおまとめローンが必要な暗いの借入総額の人は、確実に毎回の返済が1万円以上ということです。借入金額が多いので、どうしてもそうなるわけですね。

となると、常に200円のATMの利用手数料がかかります。そして、多重債務ということはそれが最低でも3件、平均で4件か5件はあるのです。そして、この利用手数料は税別なので、計算すると大体毎月「650円~1050円」程度払っている…ということになるわけですね。これを年間で換算すると、大体「7500円~1万3000円」となります。

「年間1万3000円」と考えると、このATMの利用手数料の負担がいかに大きいかわかるでしょう。これが利息だったらまだしも利息でも何でもない、ただATMに吸い込まれていっただけのお金なのです。これとは別に利息を払い、元本も払っていくわけです。

元本の分については、その出費が「本当に必要な買い物」だったならまだいいですが、そうでなかった場合、実にいたたまれない気持ちになるでしょう。多重債務者の方々はただでさえ、こうした後悔するお金の使い方が多いのに、さらに「返済のATM利用手数料」という、普通の人だったらまったく払わなくていいようなお金を払っているのです。(年間1万円前後も)

こうして考えると、おまとめローンによって多重債務の一本化をして、ATM利用手数料がかからなくなるというのが、いかに重要なメリットがわかっていただけると思います。

返済にかかる時間の時給を考えるべき

ATM利用手数料という具体的な金額も大事ですが、はっきり目に見えない出費として、「返済に使っている時間の時給」というものがあります。「自分はどうせ時給が安いからいい」と思う方もいるかも知れませんし、「返済にかかる時間なんて、大したことない」と思う方もいるでしょう。

しかし「スキマ時間を集めるとかなりの時間になる」し、「自分の時給は安いと思っている人は、ずっと安いままで終わる」ということなんですね。よく「お金持ちになりたかったら、お金持ちのように行動しろ」と言われますが、あれは「贅沢をしろ」ということではなく「時給が高いお金持ちのように、時間や健康を大事にしろ」という意味なのです。(それが全てではありませんが、これが一つの重要な要素です)

というように、多重債務者から脱出して、ある程度経済的に安定して、借金どころか貯金をどんどんできるようにするためには「時間を大切にする習慣」をつける必要があるのです。そういうマインド面で多重債務者・借入超過者を脱出するためにも、借金地獄・キャッシング地獄を卒業するためにも、おまとめローンで借り入れの一本化をして、ムダな時間を使わないようにする…ということが大事なるわけですね。

精神的なメリットが大きい

さらにいうと、精神的なメリットもあります。これは多重債務になったことがない方でも、何となく想像がつくでしょう。「自分の借金が、今どういう状態なのかわからない・わかりづらい」というのは、それだけでストレスになります。そして、ストレスから散財してまた借り入れを増やしてしまうというのが、典型的な多重債務者・借入超過者の方々のパターンなのです。

そのようなストレスから解放されるという点でも、おまとめローンで多重債務の一本化をするというのは、非常に大きなメリットがあるわけですね。

低金利にならなくてもメリットがある

おまとめローンを使って借り入れの一本化をする最大のメリットと言われるのは、やはり低金利になるということです。ここまでも書いてきた通りです。しかし、多重債務の一本化というのは「仮に低金利にならなくても、十分メリットがある」ものなんですね。上で返済の手間・手数料や精神的なメリットなどを書いてきましたが、他の部分のメリットもさらに追加で書いていきます。

クレジットスコア(信用度)が上がる

おまとめローンを活用して借入件数を減らすと、それだけでクレジットスコア(信用度)が上がります。キャッシング総額は同じ金額のままでも、借入件数が少ないというだけで、信用度(クレジットスコア)が高くなるわけですね。

これは誰でも何となくわかるでしょう。「俺、借金が3件あるんだ…」という人と「1件だけ借りている」という人だったら、明らかに「1件だけ」の方が安心できるはずです。もちろん「それで借入総額が高額」だったらダメですが、借入総額が同じという条件だったら、明らかに借入件数が少ない方がいいでしょう。

(ゴミの分別とか部屋の整理整頓も同じですが、同じ物が同じ数だけ存在しても、「それを一つにまとめる」だけで、人間の心証は全然違って来るわけですね。)

信用度が高くなると、どんなメリットがあるのか?

このように信用度(クレジットスコア)を上げるとどんなメリットがあるのか。これはたとえば新しいクレジットカードを発行しようとする時、分割払いを利用しようとする時に、審査に通りやすくなるというものです。もちろん、これは賛否両論あるでしょう。「多重債務の一本化をしたばかりなのに、クレジットカードを作るのか」ということですね。

実際、クレジットカード会社の側もそう受け取ることは多いですし、分割払いの審査をする信販会社なども、やはりそう思うことは多いです。なので、多重債務の一本化をしてもこのような新たな借入審査に通過するのが、難しいことは変わりありません。

ただ、場合によっては海外に行くので、VISA・Masterのjクレジットカードが必要ということもあるでしょう。私も海外ではある程度の期間生活していましたが、Master・VISAのクレジットカードがあるのとないのとでは、全然違います。(JCBでは地域によっては役立ちません)

ということで、やむを得ない事情によって「クレジットカードが必要」ということもあるわけですね。また、事業用の設備投資などで、マシンの分割払いが必要になる…ということもあるでしょう。

そのような時に、どうしてもクレジットスコア(信用度)を高めることが必要なら、このように借り入れの一本化をする…というのもありなのです。

ストレスがなくなり、働きやすくなる

これは先に書いた「精神的なメリット」の補足です。あちらでは「ストレスによって浪費することがなくなる」という「マイナスがなくなる」という意味でメリットとしました。しかし、こちらでは「働きやすくなり、稼ぎやすくなる」というプラス面のメリットを強調します。

当たり前ですが、借金返済をするには稼ぐ必要があります。稼ぐためには、働く必要があります。人より沢山キャッシングをしているのだから、人より沢山働かなければいけないわけです。

この時、ストレスを抱えながら働くのと、ストレスなく気持ちよく働くのとでは、やはり仕事の能率が全然違ってきます。成果報酬の仕事だったら明らかに月収に差がつきますし、時給の仕事にしても病気になったり怪我したりする確率が下がる、人間関係がうまくいき、職場にいづらくなるリスクがないなどのメリットがあります。

借入超過者・多重債務者としてそのまま転落していく破産者の方々を見ていると「ストレスがたまって職場の人間関係がうまくいかなくなり、退職して無収入になった」などの事情で、落ちていくパターンが非常に多いです。これを見ても「思い煩うことなく楽しく生きる」というのが、多重債務の返済でも非常に重要である…というのがわかるでしょう。

消費者金融のおまとめローンのメリット・総括

以上、消費者金融でもおまとめローンで一本化するメリットがあるのか…、という点をまとめてきました。結論を整理すると、下のようになります。

  • おまとめ総額が100万円以上の時は、低金利になる
  • 100万円以下でも、アイフルのおまとめMAXなどは低金利になることがある
  • 低金利にならなくても、返済の手間・手数料が減る
  • 精神的なメリットも大きい
  • 信用度(クレジットスコア)も高くなる

ということです。また、そもそも、借金の一本化をしようと思った時点で、その人はもう完済に向けて大きな一歩を踏み出したといえます。こういうスタートを切れるという時点で、もう問題は半ば解決したようなものなのです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング