借金の額がいくらになったら”おまとめローン”を検討すべき?

おまとめローン

2017.07.04

お札と開かれた預金通帳

100万円を超えたら、確実に検討すべき

キャッシング総額がいくらになったらおまとめローンの利用を検討すべきか―。これは「消費者金融での借入総額が100万円を超えたら」確実にするべきだといえます。もっと少額の場合でも「多重債務を整理する」というだけでも意味がありますから、60万円以上くらいから、おまとめローンは検討してもいいかも知れません。以下、このような「どういうタイミングで、借金の一本化をすべきか」という点をまとめていきます。

消費者金融でも15%になる

100万円を超える借入総額だと、消費者金融のおまとめローンでも確実に実質年率が15%以下に下がります。通常の消費者金融の金利は、実質年率18%なので、3%下がるということですね。これはおまとめローンだからではなく、利息制限法によって決められている、100万円以上の借り入れの時の適用金利(最高金利)です。なので、どんなキャッシング業者でおまとめローンを利用しようと、100万円以上だったら、必ずこの金利になる…ということですね。

このように「100万円以上の借入総額」だったら、必ず金利が下がるので、過払金が大量にあるなどよほど特殊な事情がなければ、おまとめローンを検討した方がいいわけです。

100万円以下でもおまとめすべき

冒頭に書いた通り、キャッシング総額が100万円未満という方でも、おまとめローンはできるだけ利用した方がいいです。これは後でも詳しく書きますが、下のようなメリットがあるからです。

  • 返済の手間・手数料が減少する
  • 信用度(クレジットスコア)が高まる
  • 自分の借入状況が明確にわかる

多重債務状態であちこちに返済していると、ATMやオンラインバンキングの利用手数料だけでもかなりの金額になります。それを解消できるだけでも意味がありますし、信用度(クレジットスコア)については、借入総額は同じでも借入件数が少ないだけで上がるという風になっています。(基本的に、多重債務をそのまま放置している人というのは、そのまま追加借入をどんどんしやすい傾向がありますからね。破産のリスクが高いわけです)貼りたい

最後の「キャッシング状況」ですが、これは自分でもよくわかっていないという多重債務者の方々が実はよくいます。さすがに100万円以下だったらある程度わかっているでしょうが、それでも数万円単位で、借入総額の認識がずれているということはよくあります。そのような状態を改善するためにも、借入総額が100万円以下の時でも、大体50万円か60万円以上だったら、まとめられるのであれば、借金の一本化をしてまとめた方がいい…ということですね。

一定以上なら、債務整理

そして、逆にキャッシング総額が一定金額以上になったら、もうおまとめローンでは間に合わないので、債務整理をすべきと言えます。具体的にいくら以上かというと、「大体、消費者金融で300万円以上」でしょう。

というのは、「消費者金融のおまとめローンの最高限度額が、300万円まで」だからです。

  • プロミス…貸金業法に基づく おまとめローン
  • アコム…貸金業法に基づく 借換え専用ローン
  • ノーローン…かりかエール

これらの最大限度額は、すべて300万円となっています。また、新生銀行カードローン レイクの「完済応援プラン」(借換プラン)も300万円が限度枠です。(レイクは消費者金融ではなく銀行カードローンですが)

唯一の例外として、アイフルの「おまとめMAX」は最大限度額500万円となっていますが、アコム・プロミス・ノーローン・新生銀行カードローン レイクとすべて「300万円なのを見ると、やはり「300万円以上は債務整理」と考えてもいいでしょう。

(アイフルでも、よほどクレジットスコア高い人でなければ、300万円以上は融資しないと思われます)

消費者金融の借り入れを銀行でまとめる

ここまで書いてきたのは「消費者金融から消費者金融で、おまとめローンをする」と言うもの。本来消費者金融の金利は全て同じなので、借り換えても低金利にはならないはずですが、「100万円以上だったら、低金利になる」ということですね。

これに対して、銀行カードローンは最初から消費者金融より低金利なので、金利が下がりやすいのです。

100万円未満でも低金利になる

モビット・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融から、一般的な金利の銀行カードローンに借り換え・おまとめをしたら、それだけで低金利になります。それぞれの金利は、下のようになっているからです。

  • 消費者金融…18.0%
  • 銀行カードローン…14.5%

消費者金融の金利については、プロミスは17.8%という例外もありますし、銀行カードローンについてはもっとバラバラです。しかし、大体それぞれこのような実質年率(金利)になっているわけですね。見ての通り銀行カードローンの方が大分低金利なので、銀行カードローンに借り換え・乗り換えをするだけで、適用金利が下がるというわけです。

低金利にならない銀行カードローン

一方、100万円以下では消費者金融から借り換えても低金利にならない…という銀行カードローンもあります。つまり「消費者金融と同じ金利」ということですね。

正確には下限金利は全く違うのですが、上限金利が同じなのです。上限金利というのは、100万円未満の借り入れで用いられる金利なので、100万円以上にならない限り、この上限金利が同じだったら、借り換えても同じ金利というわけです。具体的にどのような銀行カードローンがこれに該当するかというと、下のようになります。(上限金利とセットで一覧にします)

  • オリックス銀行…17.8%
  • ジャパンネット銀行…18.0%
  • じぶん銀行…17.5%
  • 新生銀行レイク…18.0%

消費者金融はプロミスが17.8%、アコム・アイフル・モビット・ノーローンは18.0%という上限金利なので、これらの銀行カードローンは「上限金利については」消費者金融と同じレベルなのです。(繰り返しますが、下限金利は大手の銀行カードローンの中でも特に低金利なので、あくまで「上限金利だけ」です)

何にせよ、これらの銀行カードローンで借り換え・おまとめをするのであれば、100万円以上でなければ低金利・低利息になることはない…というわけですね。

銀行カードローン同士の場合は?

銀行カードローン同士で借り換え・おまとめをする…という時は、下のようなパターンで低金利になります。

  • 上限金利が高い銀行カードローンから、普通の銀行カードローンにおまとめ・借り換えをする
  • 普通の銀行カードローン同士で、100万円以上で借り換え・おまとめをする

ということです。先に書いた通り、上限金利が高い銀行カードローンは消費者金融と同じレベルなので、消費者金融での借り入れを一本化する時と同じパターンになるわけですね。

また、上限金利が安い一般的な銀行カードローンについても、やはり「100万円以上借りたら適用金利が下がる」ということで、これも100万円以上だったら借り換え・おまとめした方がいい…という結論になるわけです。

まとめるだけでもメリットがある

オリンピックの「参加することに意義がある」のようですが、多重債務の一本化というのは「まとめるだけで、メリットがある」といえます。これは序盤にも少し書いている通りですが、以下仮に低金利にならなくても、まとめるだけでどのようなメリットがあるかということを書いていきましょう。

返済の手間・手数料が激減する

まず、多重債務状態の特に大きなデメリット・短所として、「方々に返済するのが大変」という点が指摘できます。それぞれの返済日や支払い金額をいちいち確認するのも面倒ですし、利用手数料がかからないATMまでわざわざ出かける時間、そしてATMを操作する時間など、多重債務の返済にかかる手間・時間は、かなりものがあります。

これに加えて、ATM利用手数料のかかる場所で返済していたりしたら、その手数料だけでも、たとえば月間で600円程度になりかねません。月間600円だったら、年間で7200円ということです。これが利息でなくただのATM利用手数料というのだから、いかに多重債務の返済の手数料の負担が大きいかわかるでしょう。

お金がある人(普通の人)だったら払わなくていい7200円という金額を、お金がない多重債務者の方々が払っているという事実は、どう考えてもおかしいわけですね。こう書くと「だから消費者金融が悪い」などと思う人がいるかも知れませんが、基本的にこれは自業自得です。「おかしい」というのを、本人が気づいて自覚しなければいけないのです。

クレジットスコア(信用度)が上がる

キャッシング総額は同じ金額でも、借入件数が変わると、クレジットスコア(信用度)が上がるというメリットがあります。要は「新たな借入審査を受ける時、審査に通りやすくなる」ということですね。例えば高還元率のクレジットカードを作りたいという時などに、審査に通りやすくなるというわけです。

もちろん「何で、借り入れの一本化をした直後に、新たな借入審査に申し込むのか?」という疑問もあるでしょう。これはその通りで、補足すると下のようになります。

  • 別に「直後」でなくてもいい
  • 数ヶ月後かも知れないが、その時の借入審査のために備えておく
  • 高還元率のクレジットカードだったら、持っておいた方がいいこともある

「直後でなくてもいい」というのは、すぐ理解していただけるかと思います。もう一つの「高還元率のクレジットカード」ですが、これは年間の買い物を、すべてそのクレジットカードに集中させると、普通の人の買い物で、大体1万円か2万円、ポイント・マイルが貯まるというメリットがあります。これを聞いて「大きい」と思うか「小さい」と思うかは人それぞれですが、このような財テク・節約のテクニックに、多重債務者の方々も乗り出していった方がいい…というのは確かでしょう。

そのようなクレジットカードの借入審査に通りやすくなるという点でも、やはりおまとめローンで借入件数を減らすというのは、メリットがあることなのです。

自分の借入状況が把握できる

重度の多重債務者の方々の中には、「自分の借入件数すらわからない」という方が、結構います。「キャッシング総額がわからない」のではなく「借入件数がわからない」のです。これは唖然とする方もいるかも知れませんが、事実です。かなりの人数の方々が、このような状態なのです。

ここまでひどくなくても「自分の借入残高を、2万円や5万円程度間違えている」という多重債務者の方は、むしろ多数派なんですね。当然、そのような状況では早期完済も進みませんし、むしろ追加借入をどんどんしてしまって、さらに借金総額が膨らんでしまう…ということがよくあります。

そのような状態にならないためにも、おまとめローンで借り入れの一本化をして、借入状況を正確に把握するということが大事なのです。

いくらからおまとめローンを使うべきか?まとめ

以上、借入総額がいくらになったらおまとめローンを利用して借り入れの一本化をすべきか…ということをまとめてきました。最後に整理すると、下のようになります。

  • 消費者金融から消費者金融でまとめる場合は、100万円以上から
  • 100万円以下でも、低金利にならないものの、その他のメリットがある
  • 50万円~60万円以上なら、一本化するメリットは十分ある
  • 消費者金融から銀行カードローンだったら、100万円以下でも低金利になる
  • 上限金利が消費者金融と同じ銀行カードローンだと、100万円以上でないと低金利にはならない

ということです。このような基準を参考にしながら、多重債務の一本化を検討していただけたらと思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング