おまとめローンの審査と普通のカードローンの審査違いはあるの?

おまとめローン

2017.07.04

メモ帳を持って考えるOL女性

おまとめローンはネット申込みができない

おまとめローンと普通のキャッシングの最大の違いは「ネット申込みができるかどうか」です。

  • 普通のカードローン…できる
  • おまとめローン…できない

ということですね。あくまで「消費者金融の場合」ですが、以下この点から詳しく説明していきます。

来店・郵送・自動契約機のどれか

消費者金融の場合、おまとめローンの申込方法&契約方法は下の3通りのどれかになります。

  • 自動契約機
  • 郵送
  • 来店

つまり何かしら本人の顔を見せる審査方法か、実際にそこに住んでいないとダメな郵送のどちらかというように、普通のネット完結の審査より厳しくなっているわけですね。

アイフルはネット申込みも可能だが…

アイフルのおまとめローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」だけは、ネット申込みも可能となっています。ただし、申し込みはできるけど、審査完了した後の手続きは、来店か郵送しかダメという風になっています。そのため、最終的に借りるためには、やはりアイフルでも来店するか郵送するか、どちらかでないといけないわけですね。

「アイフルの無人契約機・自動契約機はダメなのか」と思われるかも知れませんが、通常のキャッシングだったら、もちろん契約ルームでの最短当日借入もOKです。しかし、この記事を書いている時点では、「おまとめMAX」「かりかえMAX」に関しては「契約ルームでの申し込み・手続きは不可」となっています。ネット申込みができる分、プロミス・アコムよりもおまとめ・借り換えの審査についてはやりやすいので、その点はアイフルが有利である…と理解して下さい。

プロミス・アコムの申込方法

一方、アコム・プロミスのおまとめローンの申込方法についてはどうか。プロミス・アコムはアイフルと違い「審査と契約が同じ方法」になっています。それぞれ下のようなやり方があります。

  • プロミス…電話・店舗窓口・自動契約機
  • アコム…無人契約機・郵送・店舗窓口

郵送によって申し込みしたいという人は、現代では少ないでしょう。自動契約機・無人契約機や店舗窓口だったら、おまとめ・借り換えでも最短当日借入ができるわけですからね。

そういう点では、郵送による申し込みはできなくても、電話で申し込みができるプロミスの方が便利かも知れません。(アコムも申し込みだけは電話でできますが、審査のためにその後、店舗窓口かローン契約機に行く必要があります)

何にせよ、おまとめローンによって借り入れの一本化するだけでも、金利面や返済手数料などの面で大きなメリットがあるので、申込方法の違いは些細なことでしょう。

銀行カードローンは、一部おまとめ審査が厳しい

ここまでは消費者金融のおまとめローンの審査と、通常のキャッシングの審査の違いについて書いてきました。ここからは銀行カードローンの場合で書いていきます。

銀行カードローンについては、見出しの通り「一部の銀行で、おまとめ・借り換えの審査は厳しくなっている」という点が指摘できます。まずどのような銀行カードローンがそれに該当するのかから書いていきましょう。

お借り換え・おまとめOKと強調していない

おまとめローン・借り換えローンの審査に積極的な銀行カードローンは、公式サイトの目立つ場所に大きく「おまとめ・借り換えOK」と書いていて、歓迎している様子が伝わってきます。一方、借り換え・乗り換えについて審査が厳しい銀行カードローンは、このような目立つ表記がありません。

総量規制の対象外である銀行カードローンが、最初から借り換え・おまとめを拒むわけにはいかないので、一応受け付けてはいるものの、あまり積極的な審査はしていない…ということですね。クレジットスコア(信用度)が高い人だったらそれでも審査に通るでしょうが、あまり自分の信用度(クレジットスコア)に自信がないという方は、できるだけ「お借り換え・おまとめOK」と大きめに宣伝している銀行カードローンで借りるようにしましょう。

なぜ借り換え・おまとめに消極的なのか

銀行カードローンの一部がおまとめ・借り換えに積極的でない理由はおまとめローン・借り換えローンはハイリスク・ハイリターンだからです。何がハイリスクかというと、まず融資金額が大きいこと。当たり前ですが、おまとめローンであれば数百万円の融資は普通です。

それだけでもハイリスクなのですが、さらにおまとめローンということは「利用者は全員多重債務者」なわけですね。ということは「普通のキャッシングの利用者よりも、ハイリスクな借り手」なのです。そのようなハイリスクな借り手に対して、普通よりも危険な数百万円の貸し付けをする…というのは、かなりのリスクであるというのはわかるでしょう。

もちろん、ハイリターンな部分もあります。他社の貸付を一気に奪って、実際の貸し付け(売上)を伸ばせる…ということですね。そのようなビジネス的なメリットもありますし、多重債務者・借入超過者を救済するというのは、社会的に見ても意義があることです。

そのようなハイリターンな面に注目している銀行カードローンはおまとめ・借り換えに積極的で、ハイリスクな方を意識している銀行カードローンは、消極的ということです。(もちろん、これは「そこまでしなくても十分利用者が集まっているという自信の現れでもあるのですが)

おまとめ・借り換えしやすい銀行カードローンは?

では、具体的におまとめ・借り換えしやすい銀行カードローンというのはどこなのか。これはたとえばみずほ銀行カードローンです。メガバンクなので、普段から利用している方も多く、そのような方の場合は比較的審査に通りやすくなっています。

また、上限金利が14.0%と、普通の銀行カードローンよりも0.5%ほど低金利なので、おまとめ・借り換えをする金額が少額だったとしても低金利になりやすい…という金利・利息面での利点もあります。

その他の銀行カードローンとしては、ソニー銀行カードローンや楽天銀行スーパーローンも人気です。どちらも専業主婦・学生ともに借り入れできるので、これらの職業・属性の方々が借金の一本化をしようとした時でも、安心して利用することができます。もちろん、おまとめ・借り換え可能ということもしっかりと公式サイトで強調されています。

消費者金融・銀行どちらがいい?

多重債務の一本化をするには、消費者金融のおまとめローンと銀行カードローン、どちらがいいのか―。これはその人のクレジットスコア(信用度)や置かれている状況・条件によっても変わりますが、それぞれのメリットを解説していきましょう。

審査に通りやすいのは消費者金融

これは通常のキャッシングの時と同じですが、おまとめローンでもやはり審査に通りやすいのは消費者金融の方です。審査通過率については、まったく公表されていません。おまとめローンは普通のカードローンと違って、申込者の借入条件が千差万別なので、審査通過率を出してもまったく意味がないからです。

ただ、普通のキャッシングの時の審査通過率の違いは参考になるでしょう。消費者金融・銀行カードローンそれぞれで下のようになっています。(あくまで大体の数値です)

  • 消費者金融…40%台
  • 銀行カードローン…20%台~30%台

銀行カードローンについては、上限金利も下限金利もバラバラなので、普通のキャッシングでも審査通過率がかなり変動する…ということですね。消費者金融の方は、公式サイトのマンスリーレポートで審査通過率を公開している、アコム・プロミス・アイフルがこの審査通過率なので、大体これで合っているといえます。

このように、通常のキャッシングでは「消費者金融の方が1.5倍か2倍程度高い審査通過率」となるわけですね。ということは、おまとめ・借り換えの審査でもこのくらいの倍率になる…と考えていいかも知れません。(単純にこの比率が当てはまるということは、もちろんないでしょうがあくまで目安として)

消費者金融は最短当日借入も可能

消費者金融のおまとめローンで一本化するメリットとして、最短当日キャッシングができるという点も指摘できます。借り入れの一本化というやや複雑な作業でありながら、最短即日融資ができるということですね。

銀行カードローンも普通のキャッシングを利用して借り換え・おまとめをしますし、その普通のキャッシングで最短当日融資が当たり前なので「銀行カードローンでも同じように、当日中にできるのでは?」と思うかも知れません。確かにその通りですが、銀行カードローンの場合、借り換え・おまとめなど数百万円レベルの融資になると、数日か1週間かかることもあると言われています。

これはそれぞれの銀行カードローンが公式にアナウンスしたわけではなく、あくまでネット上の口コミ・評判でそう言われているというだけです。なので、どこまで事実かはわかりません。しかし、「高額になると、通常のキャッシングのように最短当日借入はできない」というのはあり得ることでしょう。

その点、消費者金融のおまとめローンの方はそれぞれの公式ページで「最短当日融資可能」と明記されています。もちろん、通常のキャッシングよりも審査の所要時間は長くなるでしょうが、それでも「一日でも早く多重債務の一本化をしたい」という方にとって、消費者金融のおまとめローンの方が利用しやすいのは確かです。

低金利なのは銀行カードローン

逆に銀行カードローンでおまとめ・借り換えをするメリットは何かというと、想像はつくと思いますが、低利息・低金利であるということです。銀行カードローンの上限金利は14.5%が標準ですが、大手の消費者金融おまとめローンの上限金利は、アコム・プロミスだと18.0%、17.8%となっています。

唯一、アイフルの「おまとめMAX」のみ「上限金利15.0%」と、銀行カードローンに近い金利になっています。しかし、それでも平均的な銀行カードローンの上限金利である「14.5%」と比較すると、やや高くなっています。(0.5%だけですが)

0.5%とはいえ、一応銀行カードローンの方が低金利であることは間違いないので、銀行カードローンのおまとめ・借り換えの審査に通るだけの自信があれば、銀行カードローンで借り入れの一本化を申し込んだ方がいいかも知れません(あと、急いでいなければですが)。

一方、信用度(クレジットスコア)に自信がない方の場合は、アイフルの「おまとめMAX」の方がいいでしょう。0.5%だったら、それほど大した利息差にはならないからです。

また、金利以外の比較としては、銀行カードローンの方が借入可能金額が大きいという点もあります。消費者金融のおまとめローンはアコム・プロミスが300万円まで、アイフルの「おまとめMAX」が500万円までとなっていますが、銀行カードローンは800万円が普通です。(三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は500万円と少額ですが)

ということで、もし500万円を超えるような高額の借金の一本化をしたいという場合には、銀行カードローンを利用するようにしましょう。とは言っても、このレベルの借入総額になると、むしろ個人再生や任意整理などの債務整理を選択した方がいい気もしますが…。

おまとめローンとキャッシングの審査の違い・まとめ

以上、普通のキャッシングとおまとめローンの審査の違いをまとめてきました。申込方法が多少違うことと、おまとめローンの方が審査が厳しいということを除けば、特に大きな違いはない…ということがわかっていただけたかと思います。

また、おまとめローンは総量規制の対象外でなければできないので「消費者金融では不可能」と思っている方もいるかも知れませんが、ここで書いている通り、プロミス・アコム・アイフルであれば、おまとめ専用のコース・プランがあります。(あと、ノーローンもかりかエールというおまとめローンがあります)

モビットのみおまとめローンが現時点ではありませんが、このように消費者金融でも借り入れの一本化はできる…ということを知っておいて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング