おまとめローン(計画返済支援のための融資)とは

おまとめローン

2017.07.04

電卓と数枚の一万円札とペン

多重債務を返済計画を再編する

返済計画再編のためのローンとは、返済計画の再編(返済計画の再編)をするための専用のコースのことです。また、銀行カードローンなどは専用のコースでなくても、普通のキャッシングをそのまま返済計画の再編・借入先の変更に使えるので、そうした「使い方」を返済計画再編のためのローンと呼ぶこともあります。

返済計画再編のためのローンのメリットは?

返済計画再編のためのローンのメリットは、一覧にすると下のようになります。

  • 返済計画の再編によって低金利になる
  • 返済にかかる手間・手数料がなくなる
  • 自分の借入状況が正確に把握できる
  • 借入状況が改善されるため、新たな借入審査に申し込みやすくなる

主にこの4つが、返済計画再編のためのローンのメリット・長所となります。以下、特に重要な「低金利になる」「返済の手間・手数料がなくなる」の2点について解説していきましょう。

返済計画の再編によって低金利になる

特に借入総額が100万円以上の場合は、返済計画の再編をすると低金利になる…というのがメリットです。なぜ100万円以上かというと、利息制限法によって、消費者金融の金利は100万円以上から「最高15.0%まで」と決められているからです。それまでは(10万円~99万円までは)実質年率18%が法定金利になっているんですね。

というわけで、現時点で消費者金融で複数ローンを借りていて、それを返済計画を再編すると100万円を超える…という場合には必ず低金利になります。法定金利でそうなっているからです。

返済の手間・手数料がなくなる

もちろん、完全にゼロになるわけではありませんが、返済にかかる手間・手数料がだいぶ少なくなる…というのは確かです。多重債務を抱えていると「今日はA社の返済、明日はB社の返済」…というように、多数の返済作業に振り回されてしまいます。特にATMや銀行振り込み・オンラインバンキングなどで返済している場合は、それらにかかる手数料も馬鹿になりません。

たとえばそれで月500円使っていたとしたら、年間で6000円になるわけです。実際には、多重債務者の方々はこうした細かい計算が苦手なので、月500円どころかもっと使っていることが多いです。(1万円以上の返済だと、ATMの利用手数料は200円を超えることが多いですからね)

返済計画再編のためのローンの注意点

返済計画再編のためのローンには上のようなメリット・長所もありますが、当然ながらデメリット・短所や注意点もあります。ここでは特に返済計画再編のためのローンの注意点について解説していきます。

必ず低金利になるとは限らない

実は、返済計画再編のためのローンで返済計画の再編をしたからと言って、必ず低金利になるとは限りません。というのは、下のようなケースがあるからです。

  • キャッシング総額が100万円未満である
  • 銀行カードローンに借入先の変更たが、消費者金融並みに高金利な銀行カードローンだった

主にこの2つのケースですね。「100万円未満だと金利が下がらない」というのは、先に書いた説明の通りです。利息制限法によるものですね。

もちろん返済計画の再編先の消費者金融が、自主的に低金利にしてくれるという可能性はあります。そのため「100万円未満の借り入れだったら、必ずしも低金利にならない」というわけではありません。低金利になる可能性もあります。ただ、「どちらになるかわからない」というのは、注意点として意識してください。

もう一つの「消費者金融並みに金利が高い銀行カードローンに借入先の変更た」というものですが、上限金利だけ見ると、消費者金融と同じ銀行カードローンというのは、実は結構あります。ジャパンネット銀行カードローン・新生銀行カードローン レイクなどがそれに該当します(どちらも下限金利は非常に安いですし、特に新生銀行カードローン レイクは無利息サービスで最強です)。

普通の銀行カードローンだったら「100万円未満の借入総額でも、銀行カードローンに借入先の変更るだけで低金利になる」のですが、これらの銀行カードローンだと、消費者金融の返済計画再編のためのローンと同じで、100万円を超えない限りは低金利にならないのが基本ということですね。

もちろんこれもあくまで「基本」であって「銀行カードローンの側の判断で、低金利になる」可能性はあります。信用度(クレジットスコア)が高い人ほど、そのように有利な低金利で借りられる…と思って下さい。

(モテる男性は「モテる」という理由によってさらにモテる…というようなものです。有利は有利を呼ぶのです)

最終的な利子総額が増えることも?

さらに、これが返済計画再編のためのローンのかなり意外な落とし穴(でも、知っていれば問題ない)という注意点です。返済計画再編のためのローンによって適用金利は低くなったのに、何故か最終的な利子総額が増えるということですね。

なぜそのようなことが起きるのか。これは「返済期間が延長された」からです。返済計画再編のためのローンによって返済計画の再編をすると、これまでの返済期間は当然リセットされるわけですね。そして、借入期間を「短くする」のでは、当然利用者が不満に思うので「長くなる」のが普通なのです。

少しでもキャッシングの知識がある人であれば、ここでわかると思いますが「返済期間が長くなる=最終的な利子総額が増える」ということなんですね。金利が下がっても、「いつまでも利息ばかり払っていて、元本が全然減っていない」というのであれば、当然最終的な利子総額は高額になるのです。

ただ、これは知っていれば問題ないことです。自主的に早期返済すればいいだけですからね。知らないで「毎月の返済の負担が小さくなった」と喜んでいたら危ない…というだけの話です。

過払い金の返還請求ができなくなる?

これは返済計画再編のためのローンのデメリット・短所として、以前はかなり大きいものでした。現在では過払い金の返還請求自体が、もう少なくなっているので、徐々に小さいデメリット・短所になっていますが…。

なぜ過払い金の返還請求ができなくなるのかというと、返済計画の再編をする時に、それまで借り入れをしていたキャッシング業者を、すべて解約しなければいけないからです。解約することによって、「これまでしてきた契約の内容に対して、問題はありませんでした」と「終結宣言」をするようなものなんですね。

借りていた本人が「問題ない」と認めた以上、そのキャッシング業者で発生していた過払い金は「消滅する」のです。これは法律的にそうなっていて、貸金業者側が主張しているということではありません。

なので、返済計画の再編をする時はまず「自分のこれまでの借り入れの中で、過払い金が生じていないか」を確かめる必要があるわけです。もっとも、過払金というのは大手の消費者金融で借りている場合「2006年以前の借り入れ」のみなので、もう10年以上経過した現在では、ほとんどの人が過払金のない状態になっているのですが…。

消費者金融の返済計画再編のためのローン・一覧

返済計画再編のためのローンは、銀行カードローンの通常のキャッシングを利用するのもありですが、審査に申し込みやすい、最短当日借入がしやすいという点では、消費者金融の返済計画再編のためのローンの方が有利ということもあります。ここではそのような「手軽な返済計画再編のためのローン」を利用したい方のために、アコム・アイフル・プロミスの返済計画再編のためのローンについて書いていきます。

アイフルの「おまとめMAX」

アイフルは返済計画の再編用に「おまとめMAX」、借入先の変更用に「かりかえMAX」という2種類の返済計画の再編・借入先の変更専用のコースを持っています。特に「おまとめMAX」の特徴は、返済計画の再編の総額が少額の時に、アコム・プロミスよりも低金利になるということ。上限金額「実質年率15%」という銀行カードローンに近い金利なので、特に100万円~200万円程度の少額の返済計画の再編では、アコム・プロミスよりもアイフルの方が低金利になることが多いです。

ちなみに、上限金利というのは「7.7%~18.0%」と言うような数値の中で「高い方の金利」のことです。借入総額が小さい時は、返済計画の再編・借入先の変更でも通常のキャッシングでも、この上限金利が適用されるので、「大部分の利用者のキャッシングの場合は、上限金利だけ見ればいい」わけですね。金利比較というのは「上限金利の比較」であるべきなのです。

(返済計画再編のためのローンの場合は高額のことが多いので、下限金利の比較も重要になりますけどね。)

アコムの「借換え専用ローン」

アコムの返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンは「借換え専用ローン」という商品名です。借入先の変更という名前がついているので、借入先の変更しか使えないのかと思われるかも知れませんが、返済計画の再編でも問題なく使えます。

返済計画の再編の金利は「7.7%~18.0%」ということで、上限金利については、通常のアコムのキャッシングと全く同じです。アイフルの「おまとめMAX」の上限金利は「15%」なので、アイフルの上限金利の安さがわかるでしょう。

代わりに下限金利については、アイフルは「12.0%」で、アコムは「7.7%」です。下限金利についてはアコムの方が圧倒的に低金利になっていますね。

プロミスの「貸金業法に基づく返済計画再編のためのローン」

プロミスの返済計画再編のためのローンは、アイフルの逆で「下限金利が最安」とまっています。つまり「返済計画の再編の総額が高額な時は、プロミスの返済計画再編のためのローンがいい」ということですね。下限金利だけで消費者金融の返済計画再編のためのローンを一覧にすると下のようになります。

  • プロミス…6.3%(実質年率)
  • アコム…7.7%(実質年率)
  • アイフル…12.0%(実質年率)

このように、アコム・アイフルに対してかなり大きな金利差をつけている…というのがわかるでしょう。しかもアイフルの「おまとめMAX」は最高限度額が500万円でこの下限金利なので、最高借入枠300万円のプロミスがその半分程度の金利というのはすごいことなのです。(カードローンの知識がある人なら、このすごさがわかるでしょう)

もちろん、これはアイフルの返済計画再編のためのローンの金利が高いということではなく、「アイフルは、少額の返済計画の再編に特化している」ということなんですね。プロミス・アイフルそれぞれ、コンセプト・利用用途が違うということです。(その点で見ると、アコムの「借換え専用ローン」は、少々金利が中途半端というイメージがあります)

返済計画再編のためのローンとは・まとめ

以上、返済計画再編のためのローンとは何かというテーマで、総合的にまとめてきました。最後にポイントだけ抜粋すると、下のようになります。

  • 返済計画再編のためのローンは、返済計画の再編の専用コースである
  • 返済計画の再編によって、低金利になるなどのメリットがある
  • 反面、過払い金の返還請求ができなくなるなどのデメリット・短所もある
  • 消費者金融の返済計画再編のためのローンは審査に申し込みやすく、最短当日借入もできる
  • 返済計画の再編の総額が小さければアイフル、大きければプロミスがおすすめ

…というのが今回の記事のポイントです。これから返済計画の再編をしたいと考えている方などは、参考にしていただけたら幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング