横浜銀行カードローンの在籍確認はある?なし?会社への電話の対応の仕方は?

銀行カードローンナビ

2016.01.30

インカムを使う女性オペレーター

横浜銀行カードローンも在籍確認は必須

これはキャッシング業界共通のルールなので、カードローン・消費者金融の知識がある人なら当然理解しているでしょうが、横浜銀行カードローンの審査でも、勤務先への在籍確認の電話をかけることは、基本的に必須となっています。これがなしで借り入れをできるという大手の銀行カードローン・消費者金融は基本的にありません。

ただ、多くのキャッシングの申込者が心配するような「在籍確認の電話によって勤務先にキャッシングがバレる」ということはまずないので、これは横浜銀行カードローンの審査の場合でも安心して下さい。

在籍確認の電話で聞かれる内容は?

これは横浜銀行カードローンでもその他の銀行カードローン・消費者金融でも、実は「ほとんどない」というのが正解です。つまる文字通り、本当に在籍しているかどうかを確認するだけの電話であって、その電話口で何かを審査したり質問したり…ということはないわけですね。

具体的には、あくまで一例ですがこのようなことを言われます。「あ、神奈川様でしょうか。横浜銀行の川崎と申します。これで在籍確認が取れたので、ご融資させていただきます。」

このような「在籍確認」というよりは、受け手の側からしたら「報告・電話連絡」に近い内容なんですね。一応最低限の本人確認として、氏名・生年月日くらいは聞かれることがありますが、周りから聞いていても、特に目立つような内容ではないので、横浜銀行カードローンでもどこでも、職場への在籍確認の電話を受けて、それが原因で勤務先にキャッシングがバレるということはまずない…と理解して下さい。

本人がその場にいなくても大丈夫?

これもやはり横浜銀行カードローンに限定された話ではなく、どの消費者金融・銀行カードローンでも共通して言えることなのですが、在籍確認の電話を受ける時は、その場に本人がいなくても大丈夫…というルールになっています。

たとえば勤務先の同僚が在籍確認の電話に出た時には、下のような言葉が交わされます。

  • 横浜銀行のスタッフさん「平塚と申しますが、藤沢さんお見えでしょうか」
  • 申込者の勤務先の同僚「藤沢はただ今、休みを取っております」
  • 横浜銀行のスタッフさん「さようでしたか。明日はご出勤されそうでしょうか」
  • 申込者の勤務先の同僚「はい。明日はおります」

このやり取りだったら、確かに申込者の藤沢さんは、この職場に在籍している…ということがわかります。「明日はご出勤…」と確認したのは、「休みを取っている」というのが「休職中」という意味だと、審査に大きく影響するからです。

当然ですが、休職する方というのは、普通の人よりも離職率が高くなります。また、自分から退職しなかったとしても、クビになるリスクもあります。また、減給されるリスクも当然高くなります。

このようなことから、休職中の方に対するキャッシングの審査は、横浜銀行カードローンでもどこでもかなり厳しくなります。基本的に借入不可と思って下さい。そのような休職者でないかどうかを確認する…という意味でも、上のようなやり取りが必要になるわけですね。

何にしても、横浜銀行カードローンのキャッシング審査で在籍確認の電話を受ける時も、申込者本人がその場にいなくても職場への在籍確認は成立する…ということですね。なので、自分が仕事を休みの日に横浜銀行カードローンの審査に申し込む…という局面でも安心して審査の申し込みをして下さい。

土日・祝日・夜間はどうなる?

横浜銀行カードローンに限らず、キャッシング審査の勤務先への在籍確認の電話で特に気になるのは「土日・祝日・夜間はどうするのか」という点でしょう。特に自分の勤務先が「土日・祝日・夜間は営業していない」という方だと、誰も職場への在籍確認の電話に出られないわけですから、これは非常に重要なポイントです。

結論を書くと、そもそも、横浜銀行カードローンは土日・祝日・夜間に審査をしていないので、この心配はまったく不要です。心配不要というより、そもそも土日・祝日・夜間の最短当日借入自体ができないというわけです。なので、幸か不幸か、土日・祝日・夜間の職場への電話連絡についても、まったく心配する必要はない…ということですね。

土日・祝日・夜間に最短即日キャッシングをしたいという人は、このような理由から、横浜銀行カードローンではなく、他の大手の銀行カードローン・消費者金融を利用することをおすすめします。

他の銀行カードローンの在籍確認

横浜銀行カードローン以外の銀行のキャッシング審査では、職場への在籍確認の電話はどうなっているのか。横浜銀行カードローン以外の借入先・キャッシング先を検討しているという方のために、そうした情報をまとめていきます。

内容はどこも同じ

勤務先への在籍確認の電話の内容は、横浜銀行カードローンを除外した他の銀行カードローンでも、ほとんど同じとなっています。箇条書きすると下のようになります。

  • 基本的に個人名を名乗る
  • 銀行名を名乗る場合もあるが、個人名を希望することもできる
  • 本人が出勤していなくても大丈夫
  • 特に電話口で審査・質問をされることはない

このような内容が、銀行カードローンの審査の勤務先への在籍確認の電話のスタンダードとなっています。消費者金融の場合は、特に中小業者で状況・条件によっては職場への在籍確認の電話が省略されるということもあるようですが、大手の消費者金融ではそれはあまり見られませんし、まして銀行カードローンになると、横浜銀行でも他の銀行でもほとんどない…と考えて下さい。

銀行カードローンは銀行名を名乗る?

在籍確認の電話は「担当者の個人名を名乗る」というのが普通です。しかし、銀行カードローンの場合は、横浜銀行でもどこでも「銀行名」を名乗る場合があります。

たとえば新生銀行カードローン レイクは、公式サイトのよくある質問のコーナーに「新生銀行」の名前で在籍確認の電話をかけることがあります…という内容を2016年11月の時点で書いていました。今後変更されるかも知れませんが、そうした記載があったということですね。

ということは、横浜銀行カードローンも含めて、他の銀行カードローンでも同様に「銀行名を名乗る」ということはあり得ます。ただ、新生銀行カードローン レイクの公式サイトでも希望があれば担当者の個人名で在籍確認の電話をかけることも可能ですという内容が書かれていたので、これは横浜銀行カードローンでもどこでも共通するかと思われます。

職場への在籍確認の電話は、いきなりかけるわけではありません。ネット申込みをした後、本人の携帯に確認電話がかかって来ます。その時に「これから勤務先への在籍確認の電話をかけさせていただきますが、よろしいでしょうか」という許可を取るわけですねその時に「担当者の個人名でお願いします」というリクエストを伝えれば、それを受けてもらえる可能性は高いです。

ただ、「この人は、何となく信用度(クレジットスコア)に不安がある」と思われた場合は、リクエストを受けてもらえないこともあります。この点は、職場への在籍確認に限らず、キャッシングの審査の全てにおいて言えることなので、「最終的には、総合的なクレジットスコア(信用度)次第」という、基本中の基本をよく理解して下さい。

消費者金融はブランド名を名乗らない

銀行カードローンと違い、消費者金融がブランド名や会社名を名乗ることはありません。たとえばモビット・プロミスなどのキャッシングブランドの名前や、アイフルなどのカードローン会社の名前を出すことはない…というわけですね。

ということで、たとえば「ノーローンとかアコムとかキャッシングブランドの名前を在籍確認の電話で言われて、それで勤務先にバレるのでは?」という不安を持つ必要はありません。消費者金融は横浜銀行カードローンなどの銀行のキャッシング審査と違い、完全にブランド名や会社名を伏せる…という方針を貫徹しています。

ただ、そもそも、外部からの電話がかかって来ること自体が珍しいというポジションの方の場合は、いくらキャッシングブランドの名前を伏せていると言っても、勤務先の同僚に怪しまれるというリスクはあります。たとえば飲食店で働くパート・アルバイト・フリーターの方々などは、よそからの電話など基本的にかかって来ませんからね。

このような場合は、いくらキャッシング業者やブランドの名前を出さないと言っても不安かも知れません。しかし、この点は後に書く「在籍確認の言い訳」によって問題なくクリアできるので、安心して下さい。

在籍確認の職場バレを防ぐ方法

横浜銀行カードローンでもどこでも、勤務先への在籍確認の電話によって職場バレが起きないようにする方法は、いくつかあります。もともと、ここまで書いてきた通り、在籍確認の電話というのは、勤務先にキャッシングがバレるリスクがほとんどないものです。

しかし、その上さらに「職場バレのリスクを下げる方法」があるので、ここではそれを説明していきます。横浜銀行カードローン以外の借入先でお金を借りる場合でも役立つ内容なのでぜひ参考にしてみて下さい。

クレジットカードの審査と言えばOK

カードローン・キャッシングの審査の勤務先への在籍確認での言い訳としては、一番オーソドックスなのは「クレジットカードの審査」というものです。「クレジットカードの審査」が一番効果的な理由は、箇条書きすると下のようになります。

  • クレジットカードのキャッシングの審査でも確かに在籍確認の電話がある
  • クレジットカードだったら、勤務先の同僚に言っても恥ずかしくない
  • カードローンと似ているので、言い訳もそれほど不自然ではない
  • 実際にクレジットカードの審査で参加を受けたことがある勤務先の同僚も多い(推測)

こうした理由から、たとえば外部からの電話がめったにかかって来ないような人でも、横浜銀行カードローンなどの勤務先への在籍確認の電話を安心して受けることができる…というわけですね。

スタッフさんの性別はリクエストできる?

横浜銀行カードローンでもどこでも、カードローン・キャッシング・消費者金融の審査を受ける人が、職場への在籍確認の電話を警戒する理由は、若い女性から個人名で電話がかかって来ると、不倫・浮気などを疑われるということもあるでしょう。特に既婚者の男性・女性であればなおさらです。

この点は、銀行カードローン・消費者金融でもクレジットカード会社でもよく理解しているので、「勤務先への在籍確認をする担当者の性別は、指定できる」という消費者金融・銀行カードローンもよくあります。絶対にリクエストが飲まれるというわけではありませんが、かなりの確率で聞いてもらえるようです。

実際、勤務先にキャッシングがバレる以上に、浮気・不倫の疑惑を持たれるというのは、かなりダメージが大きいですからね。不倫・浮気というのは民法に違反することで、立派な法律違反です。キャッシングの審査の申込者がそのような疑惑を持たれたら大変なので、担当者の性別について配慮する…というのは、消費者金融・銀行カードローンとして基本的な気遣いと考えていいでしょう。

(ただ、審査する側にも事情がありますので、絶対に性別のリクエストを呑んでもらえるというわけではありません。この点は重々理解して下さい。)

在籍確認の代替措置について

カードローン・キャッシング・消費者金融の情報サイトを見ると、「在籍確認の代替措置(在籍確認の代替手段)」という単語を目にしますが、これは横浜銀行カードローンの職場への電話連絡でも応用できるのか―。これは「できない」と考えて下さい。この点について箇条書きすると下のようになります。

  • 在籍確認の代替手段は、大手の消費者金融・銀行カードローンではほとんど使えない
  • 中小の消費者金融だったら適用されるようだが、大手だと難しい
  • 仮に在籍確認の代替措置が適用されるにしても、審査条件は相当厳しい

ということです。ネット上の口コミ・評判では「○○なら職場への電話連絡なしで借りられる」というように、大手の消費者金融のキャッシングブランドの名前を書いた情報が書かれていますが、それぞれの消費者金融が公式にアナウンスをしているわけではないので、あくまで参考程度にして下さい。

横浜銀行カードローンの勤務先への在籍確認・まとめ

ここまで書いた通り、横浜銀行カードローンでもその他のキャッシング先でも、借入審査での在籍確認の電話は完全に必須となっています。最後に、この記事の要点をまとめると、下のようになります。

  • 横浜銀行カードローンの借入審査でも職場への在籍確認の電話は必須である
  • 土日・祝日・夜間はそもそも最短当日審査をしていないので、勤務先への在籍確認も関係ない
  • 職場への在籍確認の電話で聞かれることは、特にない
  • 申込者本人がその場にいなくても、会社への在籍確認はできる
  • 在籍確認の言い訳は「クレジットカードの審査」がベスト
  • 大手の消費者金融・銀行カードローンでは、在籍確認の代替手段は基本的に存在しない

以上、横浜銀行カードローンの職場への電話連絡についてまとめてきました。繰り返し書いてきた通り、お金を借りる時の勤務先への在籍確認の電話を特に怖がる必要はないので、この点は安心して下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

横浜銀行カードローンで即日キャッシング!