スピード融資を希望。楽天銀行カードローンはスピーディーに借りれる?

銀行カードローンナビ

2014.09.10

机の上の電卓と小銭

楽天銀行はスピード融資も可能

楽天銀行スーパーローン(カードローン)はスピード融資も可能となっています。この点は楽天銀行スーパーローン(カードローン)レベルの大手の銀行カードローンだったら、ほぼ完全に当たり前のこととなっているので、「今さら驚くまでもない」と、僅少でもカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人にかかれば、思われるかも知れません。

何はともあれ「今すぐお金を借りたい」「大至急キャッシングをしたい」というような切羽詰まった緊急のニーズを持つ利用者の方々にとって、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のような低金利な借入先でもスピードキャッシングができるというのは、非常に有意義かつありがたいことでしょう。ここでは、そんな楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピード審査、そしてスピードキャッシングについて解説していきます。

スピードキャッシングは、どこでもできるのが基本

上に書いた通り、現代の大手の消費者金融・銀行カードローンであれば、スピード審査ができる、スピードキャッシングが可能というのは、ほぼ当たり前のことなのです。初めてキャッシングする人は驚くかも知れませんが、インターネットなどの進化によって、現代のキャッシングはそのくらい利便性が高くなっている訳ですね。

なので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でスピード審査ができるというのも、さして驚嘆に値すべきことではない…というのが、カードローン・消費者金融の分やの専門家の見方でしょう。しかし、やや金利が高い消費者金融と違い、低金利・低利息でキャッシングができる楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも、そのようにスピード借入ができるという点では、時代がやはり進化している…ということを感じます。リテール金融(庶民金融)は、確実に次の時代にジャンプしているということです。

(かつてはスピード借入ができなかった、しづらかったのはもちろん、サラリーマン金融とか勤め人信用貸しという言葉の通り「会社員・OL・公務員」でないと借入不可というような条件になっていましたからね。借入可能な職業・属性についても、今は大分キャッシングの裾野が広がっているわけです。)

というように、楽天銀行スーパーローン(カードローン)だけがスピード借入をできるキャッシング先というわけじゃないのですが、それでもこのようにスピード借入が当たり前になった現代の貸金業界・リテール金融業界・個人向け融資の世界というのは、非常に発達したものであるという、隔世の感を抱きます。

平日の午前中に申し込めば借入可能

楽天銀行スーパーローン(カードローン)ではスピード借入ができる…というのは上の段落の通りです。では、「一体何時までに審査の申し込みをすれば、スピード審査・スピード融資に間に合うのか」という点についてはどうでしょうか。これは結論を書くと楽天銀行の口座を持っていない人の場合は、平日の午前中には審査の申し込みが必要という風になります。絶対にそうと決まっているわけではありませんが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査に関するインターネット上の口コミ・評判を統合して検証したところ、大体そのような結論になります。

なぜ「楽天銀行の口座がない人」に限定しているのかというと、この場合は「自分が普段使っている銀行(楽天銀行以外)の口座に、楽天銀行スーパーローン(カードローン)から振り込んでもらう」というやり方になるからです。つまり、「通常の銀行振込のようなやり方で、スピードキャッシングをする」ということですね。

社会人であれば、仕事でもプライベートでも銀行振込を利用したことがあるでしょう。そして銀行振込が相手先の口座に反映されるのは、15時までに振り込んだ時(それも土曜日・日曜日・祝日はだめで、あくまで平日のみ)ということを熟知しているはずです。

ということは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)から他の銀行の口座に対してスピード振込をしてもらう時にも、「15時までに、その振込手続きが間に合うようにしなければいけない」ということですね。

15時に振込手続きをしたのでは間に合わないので、実際には「どれだけ遅くとも14時45分程度には、楽天銀行スーパーローン(カードローン)が振込手続きをできるようにしなければいけない」ということです。14時45分に振込手続きをするには、それよりさらに10分程度前には審査完了していないといけない…と逆算できるわけですね。

つまり、大体14時30分には審査の通過が決定している必要があります。楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査の所要時間は大体数時間と言われているので、仮に3時間だとしたら、11時30分には審査の申し込みをしていなければならない…という計算になるのです。

11時30分というのは要するに「午前中」ですから「午前中に審査の申し込みをすませておけば、楽天銀行スーパーローン(カードローン)では割とスピードキャッシングがしやすくなる」という推定・推察ができるわけですね。

これは多くのカードローン・キャッシングの情報サイトに書かれている内容からまとめた結論なので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)が公式にアナウンスしているものではありません。なので、必ずしも正確というわけではないということに留意して下さい。実際に何時までに審査の申し込みをすればスピード借入ができるかというとのは、最終的には、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも、その他の銀行カードローン・消費者金融でも、その申込者・利用者・消費者の信用度(クレジットスコア)によって変動するので、この点は明確なことが書けないのです。

ということで、この段落で書いた「平日の午前中」というのは、あくまで「目安時間」という風に捉えて下さい。

楽天銀行の口座があれば14時頃までOK

ここまで書いてきた内容は「楽天銀行の口座がない人の場合の、申込み時間」についてでした。楽天銀行の口座がある人については、ギリギリで14時程度まで審査の申し込みができる…という口コミ・評判が見られます。(あくまでインターネット上の評判・体験談なので、これらが事実かどうかは不明です)

「なぜ楽天銀行の口座があるかどうかで、スピード審査の受付時間が変わるのか?」と思う人もいるでしょう。これは楽天銀行の口座同士であれば、15時を過ぎてもスピード振込ができるという理由からです。

楽天銀行はネット専業銀行なので、楽天銀行の口座同士の振り込みというのは、いわば「データの移動」のようなものなんですね。正確には、厳密には違いますが、簡結に書くとそのようになります。

そして、「データの移動」ということは、24時間いつでも振込キャッシングができるということなのです。ということは「楽天銀行スーパーローン(カードローン)の社員さん・スタッフさんが勤務している時間」のうちに審査完了すれば、それでOKなんですね。大体17時頃までは働いていると推測できるので、14時だったら、ギリギリスピード借入が間に合う可能性がある…ということです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査の所要時間は不明ですが、インターネット上の口コミ・評判によれば、大体数時間と言われています。仮に3時間だとしたら、14時の審査の申し込みで、17時には審査が完了しているわけです。これならギリギリのギリギリで、スピードキャッシングができるという推測も成立するでしょう。

ただ、言うまでもありませんがこれは「完全にギリギリ」な申込み時間なので、一分でも過ぎたらスピード借入が間に合わなくなる…という可能性も十分にあり得ます。なので何が何でもその日中にお金を借りたいという切羽詰まったシチュエーションの方々は、楽天銀行の口座があっても午前中に申し込むという心構えでいた方がいいでしょう。

スピード融資が申し込みやすい銀行カードローン

前章では、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピード借入について書いてきました。この章では、楽天銀行スーパーローン(カードローン)に限定せずに、銀行カードローンのスピードキャッシング全般について語っていきます。大手の銀行カードローンの中でも、特にスピード審査やスピード融資が申し込みやすいと言われている(あるいは物理的に事実といえる)銀行カードローンをまとめていきましょう。

新生銀行カードローン レイクが圧倒的

真っ先に結論を書くと、スピード借入のしやすさという条件では、大手の銀行カードローンの中では新生銀行カードローン レイクが一番です。それも僅差ではなく、かなり大差をつけての1位…ということができます。(別にレースをしているわけではないですが)

実際に、どのように具体的なポイントから、新生銀行カードローン レイクのスピードキャッシングがもっともしやすいのかというと、下のような点から指摘できます。

  • 審査の所要時間が「最短30分」である
  • 毎日21時(夜9時)までスピード審査に対応している
  • 上記の受付時間は、平日でも土曜日・日曜日・祝日・週末・休日でも同じである
  • 審査通過率が大手の銀行カードローンの中で一番高い(と言われる)
  • 新生銀行の口座を持っていない人でもスピード借入できる
  • ローンカードの発行をできる時間の長さが、全ての大手の消費者金融・銀行カードローンの中で最長である

というような理由です。審査の所要時間が「最短30分」という点については、カードローンの知識がある人だったら、よく把握していることでしょうが、これは新生銀行カードローン レイクだけのメリット・長所ではありません。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」やしずぎんカードローン・セレカ、三井住友銀行カードローンなども、同様に最短30分でスピード審査ができるという条件・設定になっています。

では、なぜ新生銀行カードローン レイクが審査スピードで一番有利ということが可能なのかというと、これは下のような2点からです。

  • 本当に30分で終わる割合が高い
  • 審査通過率も高い

つまり「最短というのはあくまで最短であって、実際に30分で審査が完了するとは限らない」ということですね。この点、新生銀行カードローン レイクはバンクイックやセレカなどと比較して、「本当に30分で審査が終わった、というインターネット上の口コミ・評判が割と多い」のです。

もちろん、銀行カードローンである以上ある程度審査が厳しいので、SMBCモビット・アイフル・ノーローンなどの消費者金融と比較したら、新生銀行カードローン レイクの方が30分で終わる確率はやや低くなると推測されます。

それでも、金利(実質年率)から判断する限り、30分でスピード審査をできる割合は、おそらく新生銀行カードローン レイクが一番高いと思われ、このことから、「最短30分」のグループの中でも、新生銀行カードローン レイクが一番有利なポジションにいる…ということが説明できるのです。

その他の点についても、しずぎんカードローン・セレカだと、土曜日・日曜日・祝日のスピード借入はできないという点で新生銀行カードローン レイクの方が優れていますし、土曜日・日曜日・祝日・週末・休日の夜間審査についても、「三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、17時~18時までしかスピード審査できない」という点で、やはり新生銀行カードローン レイクが有利な立ち位置にいます。

このように総合的に見て、スピードキャッシングをしやすくする条件においては、新生銀行カードローン レイクほどすぐれた内容・条件が揃っている借入先はないんですね。(大手の銀行カードローンの中では)

楽天銀行スーパーローン(カードローン)ほど低金利ではないにしても、とりあえず急ぎでお金を借りたいとか、今すぐお金が必要という用事をクリアするためだけにキャッシングをしたいのであれば、新生銀行カードローン レイクのような借入先で急場をしのぐということは、賢い方法だと言えるでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も有利

上でも少し登場しましたが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」もかなりスピード借入がしやすい銀行のキャッシング…ということができます。その理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • レイクと同じく最短30分で審査を完了できる
  • 土曜日・日曜日・祝日・週末・休日の夜間でもスピード審査をしている(17時~18時まで)
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を保有していない人でも借入可能

このような3つの条件からです。新生銀行カードローン レイクとの相違点が何かというと、土曜日・日曜日・祝日・週末・休日のスピード審査の受付時間が、やや短くなっているということでしょう。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、平日だったら、20時までスピード審査を受け付けているのですが、土曜日・日曜日・祝日・週末・休日は17時~18時までというように、時間が短くなってしまうわけですね。

  • 土曜日…18時まで
  • 日曜日・祝日…17時まで

上記のような時間設定になるわけです。(これは店舗・状況・条件によって変わることもあります)

楽天銀行スーパーローン(カードローン)と比較すると「三菱東京UFJ銀行の口座なしで土曜日・日曜日・祝日のスピード借入ができる」というのは十分有利な特徴・メリットなのですが、それでもやはり「新生銀行カードローン レイクが断トツで申し込みやすい」(要は、相手が悪い)ということですね。

しずぎんカードローン・セレカも審査スピードが早い

意外かも知れませんが、スピードキャッシングで有利な銀行カードローンというのは、しずぎんカードローン・セレカも筆頭に挙がるのです。静岡銀行という地方銀行のキャッシングなので、普通は都市銀行・メインバンクよりも遅いのでは…と思うでしょう。

しかし、メインバンクであるみずほ銀行カードローンが、審査の所要時間が不明なのに対し、しずぎんカードローン・セレカは「最短30分」なので、こちらの方が審査スピードが早いわけですね。かなり驚くかも知れませんが、みずほ銀行より静岡銀行の方が上なのです。(スピードキャッシングという分野・ジャンルにおいては)

「地方銀行のキャッシングだと、在住・在勤エリアに条件があるのでは?」という指摘もあるかも知れません。これはもっともで、横浜銀行カードローンやちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などは、確かにそのような条件になっています。例えば横浜銀行カードローンだったら、神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤している人のみ借入可能…という風ですね。(キャッシングのみでなく、そもそも横浜銀行の口座の開設など、預貯金に関することも、神奈川県・東京都・群馬県の方々でないと不可能…という条件設定になっていますが)

このように、他の主要な地方銀行のカードローンが「在住・在勤エリアの縛り・制限」を持っている中で、静岡銀行カードローン「セレカ」についてはそのような条件が制定されていないわけですね。これは静岡県や東海地方に住んでいない、関東・関西などの方々にとって、非常に有利なポイントということが出来るでしょう。

消費者金融のスピード借入

先の段落では、楽天銀行スーパーローン(カードローン)やその他の大手の銀行カードローンのスピードキャッシングについて、それぞれの比較なども交えつつ、総合的にまとめてきました。ここから先は、さらにアコム・ノーローン・アイフル・SMBCモビット・プロミスなどの大手の消費者金融も織り交ぜて、さらに深みを増した解説をしてきましょう。

ノーローンの「最短20分」が最速

これも静岡銀行カードローン「セレカ」と並んで意外だと思いますが、実は大手の消費者金融の中で、スピード審査のスピードが一番早いのは、プロミス・SMBCモビットやアコム・アイフルなどの一般的によく知られている最大手のキャッシングブランドではなく、中堅に分類されるかも知れない、ノーローンなんですね。(株式会社シンキが提供するキャッシングブランドです)

その他の大手の消費者金融は、すべて「最短20分」ではなく、「最短30分」となっています。もちろん、これでも十分にスピードキャッシングと言えるレベルです。融資までの手続きをすべて含めると「最短60分」となりますが、それでも「かなり有利な条件でスピードキャッシングができる」「急ぎでお金が必要な時でも、十分に間に合う」「大至急お金が必要な人でも、問題なくニーズを満たせる」と判断できるでしょう。

このように単純に審査の所要時間だけを見れば、大手の消費者金融の中ではノーローンが最強、そして最速…ということができます。ただ、インターネット上の口コミ・評判によれば、ノーローンはスピードキャッシングがしやすい分、審査落ちすることが多い(審査通過率が低い)というデメリット・短所があるかも知れない…という示唆がされています。言うまでもありませんが、インターネット上の体験談・評判・口コミというのは、基本的にそれほど当てにならないものなので、この口コミ・評判も話半分で聞いておいた方が、あるいはせいぜい参考程度にしておいた方がいいかも知れません。

しかし、公式ホームページのマンスリーレポート・月次データなどで、審査通過率(新規契約率)が公表されているアコム・アイフルと比較すると、やはり審査通過率が不明という点で、ノーローンはクレジットスコア(信用度)に自信がない人には、あまりおすすめ出来ないでしょう。

もちろん、審査に通るだけの実力・クレジットヒストリー・職業・属性が自分にある…という自信がある人ならば、全ての大手の消費者金融・銀行カードローンの中で、一番早く審査できるわけですから、スピード審査で一番有利な借入先として、ノーローンを選ぶというのもいいでしょう。

もしそうでなく、自分の信用度(クレジットスコア)に自信がない人であれば、ノーローンより多少審査スピードが遅くなり、審査の所要時間が長くなったとしても、より審査通過率高いアコム・アイフルか、あるいはSMBCモビット・プロミス(こちらの審査通過率はわかりませんが)で申し込むべきでしょう。)

SMBCモビットの10秒簡易審査は便利

スピード審査に関して、特徴的なメリット・長所を持つキャッシングブランドとしては、SMBCモビットが指摘できます。というのは、少しでもキャッシングの知識がある人であれば、何度も見聞きしている通り、SMBCモビットには「10秒簡易審査」という独自の借入診断・お試し診断があるからです。

これはプロミスの3秒診断、アイフルの1秒診断などよりも遥かに正確に、本審査にかなり近い診断結果が出るので、自分がSMBCモビットでキャッシングできる可能性が大体どのくらいなのか、短時間で把握できるという優れたものです。

言うまでもありませんが、スピードキャッシングが必要なケースというのは、下のように切羽詰まった場面がほとんどです。

  • 今日中にお金を借りないといけない
  • その日中に借り入れ・借金をしないといけない
  • 大至急キャッシングをしたい
  • 今すぐ現金で資金調達をしたい
  • 何が何でもすぐにお金を借りる必要がある

このように、書いているこちらも緊迫してくるような『ナニワ金融道』の債務者の方々のようなケースですね。こうしたシチュエーションでは、確かにスピードキャッシングも大事ですが、何よりも、最初に申し込んだ消費者金融・銀行カードローンで、審査落ちしないということが最重要というのは言うまでもないでしょう。キャッシングの審査に落ちてしまって、最初の審査申込みからやり直す…ということになったら、大幅にスピード借入ができる時間が遅くなりますからね。(というより、その日中の借り入れに間に合わない可能性が高くなるでしょう。)

なので「大体借入可能かどうか、最初に目安が付くというのが一番重要」なのですが、その点でSMBCモビットの10秒簡易審査は完璧ではないものの、かなり正確なお試し診断・借入診断となっているので、こうした緊急のシチュエーション・切羽詰まった場面では、大手の消費者金融の中で、一番おすすめ出来るということです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピード融資・まとめ

このまとめで最後になりますが、この記事では楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピードキャッシングと、他の大手の銀行カードローンのスピード借入、そして、消費者金融のスピードキャッシングなどのトピックスについて、ラストの比較をところどころ織り交ぜながら、包括的かつ総合的にまとめてきました。最後に要点のみを抜粋すると、下のようになります。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)では問題なくスピードキャッシングができる
  • 月曜日~金曜日・平日のスピード借入なら、楽天銀行の口座もなしでいい
  • 土曜日・日曜日・祝日・週末・休日にお金を借りたいなら、楽天銀行の口座が必須になる
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査の所要時間は不明
  • 午前中に審査に申し込みするのが、一番スピード借入の確率が高くなる
  • 楽天銀行の口座がある場合は、ギリギリで14時まで申し込み可能と言われる
  • 楽天銀行のスピード開設は不可能

上記のように、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のスピード融資にキャッシングをするポイントや注意点を整理してきました。今からお金を借りようとしている方々で、楽天銀行スーパーローン(カードローン)を候補としている人も、あるいはしていない人も、他の銀行カードローン・消費者金融で借りようとしている方々も、これらの記載内容を、役立てていただけたらと思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

日曜でも楽天銀行カードローンに申込可能