楽天銀行スーパーローンのおまとめローンはお得?金利や審査は?

銀行カードローンナビ

2017.07.04

まとめて積み上げられたコインと人間

楽天銀行スーパーローンはおまとめ・借り換えも可能

これはほとんどの銀行カードローンがそうですが、楽天銀行スーパーローンもおまとめ・借り換えが可能となっています。その中でも、楽天銀行スーパーローンは特におまとめ・借り換えがしやすい銀行カードローンと言われています。その理由を説明していきましょう。

なぜおまとめ・借り換えしやすいのか?

なぜ楽天銀行スーパーローンならおまとめローン・借り換えローンとしても利用しやすいのか―。その理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • おまとめ・借り換えOKと公式サイトで強調している
  • 専業主婦・学生など、借入不可な職業・属性がない

この2点です。前者については、理論的にはどの銀行カードローンでもおまとめ・借り換え可能だけど、積極的に審査しているかどうかは、分かれるということですね。これは後で詳しく説明します。

もう一つの「キャッシング不可な職業・属性がない」というものですが、たとえば静岡銀行・横浜銀行などは「学生は借入不可」となっています。このような銀行カードローンだと、いくらおまとめ・借り換えに積極的な銀行カードローンだったとしても、審査を通過できないわけですね。

何はともあれ、楽天銀行スーパーローンはこの2点のどちらもクリアしているので、借り換え・おまとめがしやすいということです。

おまとめ不可な銀行カードローンもある?

上にも少し書いた通り、おまとめローン・借り換えローンとして使えない銀行カードローンもあります。法的には、銀行カードローンはすべて総量規制の対象外なので、おまとめ・借り換えは問題なくできるはずなのですが、あまり積極的におまとめ・借り換えに参入していない銀行カードローンというのもあるんですね。

なぜそれらの銀行カードローンがおまとめ・借り換えに消極的なのかというと、下のような理由です。

  • おまとめ・借り換えは、数百万円という高額融資が通常である
  • この時点で、リスクが大きい貸し付けである
  • しかも、借り換え・おまとめが必要なのは、全員多重債務者である
  • 多重債務者はただでさえ、リスクが大きい借り手である

つまり、ただでさえ危険な高額融資を、危険な借り手に対してするということで、「危険の二乗」になるわけです。それを警戒して、おまとめ・借り換えにあまり積極的に乗り出さない銀行カードローンもある…ということですね。

しかし、おまとめ・借り換えは「他社の売上を奪って、自社の売上を伸ばす」ことができるので、リスクさえ許容できれば、これはビジネス的にかなり効果的な戦略なのです。もちろん「借入超過者・多重債務者の方々を手助けする」ということで、社会的な意義もあります。

そうした理由から、あえてハイリスクであろうと積極的におまとめ・借り換えをする…という銀行カードローンもあるわけですね。楽天銀行スーパーローンはそれに当たるというわけです。

楽天銀行以外ではどこがいいのか?

楽天銀行スーパーローン以外の銀行カードローンで、借り換え・おまとめにおすすめなのは、主に下のような銀行カードローンになります。

  • イオン銀行カードローンBIG
  • オリックス銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

特にイオン銀行カードローンBIGについては、おまとめローン・ネットフリーローンという、おまとめ専用に近いコースまで提供されていて、大手の銀行カードローンの中でトップレベルにおまとめに積極的ということができます。(他の銀行カードローンは、楽天銀行スーパーローンも含めて「おまとめ専用のコース・プラン」はほとんど持っていませんからね)

その他のオリックス銀行カードローンなども、公式サイトで「おまとめ・借り換え可能」であることをかなり強調しています。みずほ銀行・じぶん銀行なども含め、これらのおまとめ・借り換えに積極的な銀行カードローンで借りるようにすれば、乗り換えや借金の一本化もやりやすくなるでしょう。

消費者金融のおまとめと比較

ここまでは、楽天銀行スーパーローンとその他の銀行カードローンのおまとめ・借り換えについて比較してきました。ここからは、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融が提供しているおまとめローンと、楽天銀行スーパーローンを比較していきましょう。

プロミス・アコム・アイフルのおまとめ・借り換え

消費者金融は銀行カードローンと違って「総量規制の対象」なので、多重債務の一本化をするには「総量規制を超えて借りる」ため「おまとめ専用のコース・プラン」を利用する必要があります。(楽天銀行スーパーローンなどのは総量規制の対象外なので、普通のキャッシングでそのままおまとめ・借り換えができるわけですね。)

アイフル・アコム・プロミスのおまとめ専用のコースは、それぞれ下のような名前になっています。

  • プロミス…貸金業法に基づく おまとめローン
  • アイフル…おまとめMAX・かりかえMAX
  • アコム…貸金業法に基づく 借換え専用ローン

「貸金業法に基づく」というのは、本来、消費者金融は総量規制の対象だけど、これは貸金業法で認められたおまとめ専用のコース・プランなので、大丈夫ですよという意味です。つまり、一時期武富士などで問題になった「過剰融資」のために、おまとめ・借り換えに参戦するわけではありません、ということですね。

(当たり前のことですが、こういうことを書かなければいけないくらい、一時期の武富士や商工ファンドなどはひどかったのです)

そうした背景はさておき、これらの消費者金融のおまとめローンの中で、どれを利用して多重債務の一本化をすべきなのか、それを説明していきます。

借入総額ごとのおすすめ

最初に結論を書くと、借入総額の多寡によって、下のようにおすすめが分かれます。

  • 借入総額が小さい…アイフル
  • 借入総額が大きい…プロミス

このようになる理由は、上限・下限のそれぞれの金利で、有利な方が違っているからなんですね。

  • 上限金利が低金利…アイフル
  • 下限金利が低金利…プロミス

ということです。キャッシングの知識がある人だったらすぐわかるでしょうが、上限金利は「キャッシング総額が小さい時の金利」で、下限金利は「借入総額が大きい時の金利」となっているんですね。

アイフルの「おまとめMAX」の上限金利は「15.0%」で、アコム・プロミスより断然安くなっています。また、プロミスの下限金利は「6.3%」で、アコム・アイフルより圧倒的に低金利になっています。

ということで、それぞれ上限金利・下限金利でハッキリと優位が分かれているのです。そのため、借入総額に応じて、大体150万円か200万円程度を境目に「少額ならアイフル、高額ならプロミス」という風に、使い分けるのがいいでしょう。

500万円以上なら楽天銀行

これらの消費者金融のおまとめローンは、500万円以上の高額のおまとめになると、最高限度額が足りないというデメリット・短所があります。もちろん、それだけの高額の多重債務を抱えていたら、もはや借金の一本化という段階ではなく、債務整理をする段階なのですが…。

何はともあれ、アコム・プロミスは300万円まで、アイフルは500万円までということで、消費者金融のおまとめローンの借入限度額は少々小さくなっています。これに対して、「楽天銀行スーパーローンは800万円まで借入可能」ということで、500万円以上の高額の多重債務の一本化でも対応できるようになっています。

(一時期は、楽天銀行スーパーローンの最高限度額も500万円までだったのですが、近年800万円に増額されました)

500万円以上の多重債務を背負っている方というのはなかなかいないでしょうが、仮にそのような方がいたら、消費者金融のおまとめローンではなく、楽天銀行スーパーローンを利用するのがおすすめ(というより、楽天銀行しかない)と言えます。

借り換え・おまとめの注意点

ここからは、おまとめローン・借り換えローン全体の注意点やポイントについてまとめていきます。キャッシングの知識がある人でなければ知らない内容もありますので、これから借り入れの一本化をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

過払い金の有無を確かめる

これは借金の一本化をする時に最重要なことです。というのは、過払い金がある状態で多重債務の一本化をしてしまうと、過払い金の返還請求ができなくなるためです。この理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • 借金の一本化をするには、今の借り入れをすべて解約する必要がある
  • 解約すると「これまでの契約には、何も問題がなかった」と認めることになる
  • そうして認めた後では、もう過払い金の返還請求はできなくなる

このような理由です。「なぜ解約が必要なのか?」と思われるかも知れませんが、これは「契約が残っている限り、全額返済してもまた借りる可能性がある」からです。

先にも書いた通り、おまとめローンというのは、融資する銀行カードローン・消費者金融の側にとっても、非常にリスキーな行為です。そのため、借り手の側も「もうこれ以上借り入れをしません」という姿勢を示す必要があるわけですね。だから「それまでの借り入れは、全部解約する」というルールになっているわけです。

そうして過払い金の返還請求ができなくなるのを避けるため、まず事前に過払い金の有無をチェックするということを意識して下さい。

返済期間の延長に注意

おまとめローンによって多重債務の一本化をすると、返済期間が自動的に延長されます。新しくゼロから借入期間を設定するわけですから、今までより長くなるのは当然ですね。

しかし、言うまでもなく長期間ゆっくり返済するということは、最終的な利子総額が大きくなるということを意味します。そのため、「毎月の返済が楽になった」などと、喜んでいてはいけないのですね。自動的に延長された分は、自分で意識して臨時返済・任意返済をして、どんどんキャッシング残高をへらしていくら必要があります。

楽天銀行ならほぼ確実に低金利になる

おまとめローンの注意点として「まとめたからと言って、必ずしも低金利になるわけではない」という点が指摘できます。というのは、下のようなケースがあるからです。

  • 消費者金融から消費者金融のおまとめで「総額が100万円以下」
  • 消費者金融から銀行カードローンだが、「上限金額高い銀行」
  • 銀行カードローンから銀行カードローンのおまとめ

まず1つ目ですが、アコム・プロミスのおまとめローンは、上限金利が通常のキャッシングと同じです。つまり、「借入総額が100万円を超えない限り、これらのおまとめローンで一本化しても、通常のキャッシングから金利が下がることは少ない」ということですね。利息制限法では「100万円以上の借り入れから、実質年率15%が法定上限金利になる」としています。逆に言えば「100万円未満だったら、借金の一本化をしても金利は下がらない」ということなのです。

また、消費者金融の借り入れを銀行カードローンでまとめれば低金利になる…と思う人もいるでしょう。しかし、そうとは限りません。下のように「上限金額消費者金融のように高い銀行カードローン」もあるからです。

  • オリックス銀行…17.8%
  • じぶん銀行…17.5%
  • ジャパンネット銀行…18.0%
  • 新生銀行レイク…18.0%

これらだと、プロミス・アコムのおまとめローン同様に「キャッシング総額が100万円以上でなければ、低金利になることは少ない」わけですね。

そして最後の「銀行カードローン→銀行カードローンのおまとめ」はわかるでしょう。銀行カードローン同士の金利はほぼ変わりませんから(上のジャパンネット銀行・新生銀行レイクなどを除けば)、借り換え・おまとめをした所で、低金利にはならないということです。もちろん、おまとめ総額が100万円を超えている場合は、銀行カードローン同士でも低金利になります。

というような原因から「おまとめをしても、低金利になるとは限らない」のですが、楽天銀行スーパーローンの場合は、オリックス銀行・ジャパンネット銀行のように上限金利が高くもありませんし、大抵は、消費者金融の複数の借り入れを楽天銀行スーパーローンでまとめるはずなので、ほとんどの借金の一本化では、楽天銀行スーパーローンなら低金利になるといえます。

楽天銀行スーパーローンのおまとめ・総括

以上、楽天銀行スーパーローンでの借り換え・おまとめについてメリットや注意点などをまとめてきました。最後に重要な点を箇条書きすると、下のようになります。

  • 楽天銀行スーパーローンは特に借り換え・おまとめに積極的である
  • 消費者金融より低金利なので、まとめたらほぼ確実に低金利になる
  • 専業主婦・学生のおまとめでも借りやすい
  • 消費者金融だったら、アイフル・プロミスがいい

他にも多くのポイントがありますが、それぞれ役立つ部分を参考にしていただけたら幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング