楽天銀行スーパーローンの大口利用はお得?金利や審査は?

銀行カードローンナビ

2017.07.04

まとめて積み上げられたコインと人間

楽天銀行スーパーローン(カードローン)では返済計画の再編をすることも可能です。また、高金利なキャッシングから低金利な楽天銀行スーパーローン(カードローン)に借入先を変更したいという時も、状況・条件によってはできます。ここでは、返済計画の再編をしたい人が楽天銀行スーパーローン(カードローン)で大口利用をする場合について、メリットやデメリットを解説します。

信用度が高い人であれば返済計画の再編が可能

まず絶対条件として、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で返済計画の再編ができるのは、あくまでクレジットスコア・信用度が高い人だけということです。返済計画の再編が必要になる時点で、この条件を満たせないということも多いでしょう。これは返済計画の再編をする時のジレンマの1つですが、何はともあれ金融庁が見ても問題ないくらいの信用度がある人でなければ、楽天銀行スーパーローン(カードローン)での返済計画の再編はできないということを理解してください。

どのような人なら返済計画の再編ができるか?

具体的にどのような状況・条件に該当する人であれば、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で返済計画の再編をできるのか、知りたい人もいるでしょう。これは明確には決まっていません。

返済計画の再編が必要になる状況というのが、そもそも千差万別です。少額の借り入れだったら金額などもある程度似たケースがあります。しかし、返済計画の再編が必要なケースは大抵借入総額も高額です。ケースごとの違いが大きすぎるため、一概に「このような条件なら返済計画の再編ができる」ということは書けないのです。

楽天銀行の関連サービスの利用実績があれば有利?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)で返済計画の再編がしやすくなる可能性があるのは、楽天銀行の関連サービスの利用実績が良好な人です。楽天銀行の関連サービスは、たとえば下のようなものがあります。

  • 楽天銀行の目的別ローン
  • 楽天銀行の口座
  • 楽天カード(クレジットカード)
  • 楽天銀行トラベル
  • 楽天ビューティー
  • 楽天モバイル
  • 楽天市場

他にも多数ありますが、これらのサービスで着実に支払いを重ねていれば、その実績がクレジットヒストリーとして評価される可能性があります。特に下のような条件だと有利でしょう。

  • 楽天銀行の口座の残高が豊富
  • 楽天銀行の目的別ローンで遅延・延滞なく完済した経験がある
  • 楽天カードをこれまで安定して利用している

このような人であれば、返済計画の再編が必要な状態であってもある程度信用できます。そのため、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で返済計画の再編をできる可能性もある程度高まると思ってください。

返済計画の再編ができなくなる条件

絶対にできないとは限りませんが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)での返済計画の再編がしにくくなる条件はいくつかあります。ここではそれらの条件について解説します。

ブラックリスト入りしている

これはほぼ確実に返済計画の再編がしにくくなる条件だと思ってください。キャッシングの世界でよく言われるブラックリストというのは、実際には存在しないものです。しかし、正式には存在しないというだけで、事実上のブラックリストはあります。具体的には下のような記録が個人信用情報の中に残っていることです。

  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理
  • 重度の遅延

ここではこれらの内容を簡単にまとめます。

強制解約とは

これは文字通りで、キャッシング業者やクレジットカード会社などから強制退会・強制解約を言い渡されるものです。主に下のような原因によって起こります。

  • 重度の遅延・延滞
  • 利用規約違反

どのくらいの遅延日数で強制退会になるというルールはありませんが、多くの業者や銀行で大体1カ月から2カ月となっています。少なくとも1カ月遅れた時点で強制利用停止にはなります。

代位弁済とは

これは簡単に言うと「返済不能」のことです。キャッシングやクレジットカードの利用者が返済不能になると、保証会社が代わりに返済するケースが多くあります。保証会社は保証人の会社バージョンのようなものです。保証人なので、利用者が返済不能になったら代わりに返済するということです。

債務整理とは

債務整理は下のようなものです。

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生

自己破産は借金の返済義務がすべてなくなるものです。任意整理と特定調停は部分的になくなります。任意整理は個人で交渉するもので、特定調停は裁判所で調停官を交えて交渉します。個人再生は借入総額を5分の1減額など、大幅に減額するものです。

重度の遅延とは

これは主に2カ月以上の遅延・延滞です。少なくとも個人信用情報機関の1つであるCIC(シーアイシー)ではそのように定義しています。「61日~3ヶ月」という日数です。実際にはこの遅延日数に到達する前に強制解約となることが多くなっています。
これらブラックリストの記録が過去にある場合は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で返済計画の再編をすることも難しいと思ってください。

楽天銀行スーパーローンでの返済計画の再編・まとめ

複数ローンを抱えている場合、やはり返済計画の再編はした方がいいでしょう。低金利になることが多いですし、返済先が1ヶ所に絞られている方が精神的なストレスも小さくなるからです。
もし楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査に通らなければ、消費者金融などで申し込むのもありです。消費者金融ではアコム・プロミス・アイフルなどが返済計画の再編のための融資をしています。可能な限り返済計画の再編はした方がいいので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でダメならこれらの消費者金融に挑戦してみてください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング