レイクなら即日審査OK?平日と土日祝日の即日融資解説!

銀行カードローンナビ

2014.09.07

電卓を操作する手と、白いデスク

新生銀行カードローン レイクは最短当日借入もできる

キャッシングを利用する方々というのは、大体「今すぐお金を借りたい」という資金需要を持っているものです。それに答えて大手の銀行カードローン・消費者金融は発展してきたので、新生銀行カードローン レイクも他の銀行キャッシングや消費者金融と同様、最短当日審査・最短当日融資ができるようになっています。

この点は、どのキャッシング・カードローンの情報サイトでも書かれていますし、街中で見かける看板や広告などでも「最短当日キャッシング可能」というようなことが記載されているので、多くの人が知っているでしょう。まして、ほんの少しでもカードローンの知識がある人であれば、完全に常識として、耳タコというレベルで理解しているかと思います。

何はともあれ、そのように「大手の消費者金融・銀行カードローンでは最短当日キャッシングが可能」ということは、徹底的に浸透している金融業界のカルチャーなので、新生銀行カードローン レイクもそれにならって、当日中にお金を借りることができます。なので「大至急借り入れ・借金をしたい」「今すぐキャッシングでお金を借りたい」というような切羽詰まった状況・シチュエーションに直面している方であっても、新生銀行カードローン レイクであればその急場をしのぐことができる、ピンチを凌ぐことができる…ということですね。

銀行カードローンの即日融資でナンバーワン

新生銀行カードローン レイクは、上記のように「ただ最短当日借入ができる」というだけではありません。全ての大手の銀行カードローンの中で、一番最短当日審査や最短即日キャッシングに強いのが新生銀行カードローン レイクということができます。これはインターネット上の口コミ・評判でもよく言われていることですが、具体的には下のような理由・根拠から、この言説が成立します。

  • 土日・祝日・週末・休日でも最短当日審査ができる
  • 毎日21時(夜9時)まで最短即日審査が可能
  • 新生銀行の口座がない人でも最短即日キャッシングができるシステム
  • 審査の所要時間は「最短30分」で、大手の銀行カードローンの中で最速クラス
  • 大手の銀行カードローンの中で一番審査通過率が高いと言われる

最後の審査通過率については、新生銀行カードローン レイクが公式のアナウンスをしているわけではないので、あくまでインターネット上の評判・体験談によってそのように記載されていることが、ままあるということです。(ただ、実質年率を見れば確かに大手の消費者金融と同じ金利なので、審査通過率が大手の銀行カードローンの中で最高であるというインターネット上の口コミ・評判は、それほど間違いでもないと思われます)

土日・祝日・週末・休日の最短当日借入については、たとえば横浜銀行カードローン・しずぎんカードローン・セレカ・みずほ銀行カードローンなど、大手のメガバンク・地方銀行のキャッシングでもできないことがあります。それと比較すると「土日・祝日の最短即日借入ができる」という時点で、まず最短即日融資の方面・分野で優れた立ち位置の銀行カードローン…ということができるわけですね。

そして「新生銀行の口座を保有していない人物・利用者であっても、申し込みができる」というのも、やはり大きなメリット・長所・利点ということができます。例として比較すると、イオン銀行カードローンBIGは平日・土日・祝日ともに銀行口座が必要という条件ですし、楽天銀行スーパーローンなどは、平日は不要でも、土日・祝日・週末・休日は口座が必須という設定・システム・体制になっています。

他にも、ソニー銀行カードローンやオリックス銀行カードローンなどが楽天銀行スーパーローンと同様の条件・ルールを制定していますが、こうした他の銀行のキャッシングと比較すると、新生銀行カードローン レイクの「口座なしで最短即日キャッシングできる」というのが、かなりの好条件・有利なルールであるということがわかるでしょう。

最短当日審査の受付時間は、三井住友銀行と並んでトップ

また、「この時間まで審査の申し込みができる」という最短当日審査の受付時間については、新生銀行カードローン レイクの「毎日夜9時まで」という時間設定は、見出しの通り、三井住友銀行カードローンと並んで大手の銀行カードローンの中で1位…という風になっています。

大手の銀行のキャッシングで、当日審査の受付時間の長さのベスト3・上位3つの銀行カードローンを一覧にすると下のようになります。

  • 新生銀行カードローン レイク…21時(夜9時)まで
  • 三井住友銀行カードローン…レイクと同じ
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」…17時~21時まで

これがトップ3です。三菱東京UFJ銀行・バンクイックの時間については、曜日によって下のように変動・変化します。

  • 平日…夜8時まで
  • 土曜日…夜6時まで
  • 日曜日・祝日…午後5時まで

このように、土日・祝日・週末・休日になると、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では最短当日審査の受付時間が短くなる・短縮される…ということですね。これに対して、新生銀行カードローン レイクや三井住友銀行カードローンは、土日・祝日・週末・休日であっても、平日と同じように「21時(夜9時)まで」という長時間で最短当日審査・最短即日審査に対応しているということなのです。

なお、この「申し込みの曜日に関係なく、いつでも21時まで」というのは、大手の消費者金融とも共通する時間設定です。

  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン

この3つの消費者金融の最短当日審査の受付時間は、新生銀行カードローン レイクおよび三井住友銀行カードローンとまったく同じになっています。(これらの消費者金融についても、三井住友銀行・新生銀行(レイク)同様、状況・条件や店舗によって時間が変わることもありますが)

このように銀行カードローンでありながら、大手の消費者金融と同じくらい長時間最短即日審査が可能となっているというのが、新生銀行カードローン レイクが最短即日融資のジャンルで、多くの利用者・消費者に高い支持を得ている理由なんですね。

消費者金融と同様、最短30分で審査

また、最短当日審査の受付時間が長いというだけではなく、「審査スピード自体も早い」というのが、新生銀行カードローン レイクで最短当日借入をする時の魅力。「最短30分」という大手の消費者金融と同じスピードで審査ができるようになっています。

この「最短30分」というのは、ノーローンという例外を除けば、現代の大手の銀行カードローン・消費者金融で一番早く短い審査の所要時間であって、同じスピードで最短当日審査ができるキャッシングブランドや銀行カードローンを一覧にすると、下のようになります。

  • プロミス
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • アコム
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • モビット
  • 三井住友銀行カードローン
  • アイフル

これに加えて、新生銀行レイクということですね。つまり大手の消費者金融で4ブランド、大手の銀行キャッシングも4つ、という風に、「最短30分」で審査できるキャッシング先がある…ということです。意外と大手の銀行カードローンの審査の所要時間が短い…と思われるでしょう。

ただ、新生銀行カードローン レイク以外の銀行融資については、「実際に30分で終わる割合」は、やや低いと考えて下さい。新生銀行レイクも消費者金融ほどではないですが、他の銀行カードローンよりは「本当に30分で審査完了する確率」が高くなっています。

どんなビジネスのどんなサービスでもそうですが、「最短」とか「最大」というのは、あくまで「一番調子がいい時」であって、実際にはそのようにならないこともある…ということは、皆さんが経験している通りです。(特にモバイルWi-Fiの「最速○○」というスピードの表示については、非常に当てになりません)

ということで「実際の、現実的な審査スピード」ということを考えると、同じ「最短30分」の大手の銀行カードローンの中でも、新生銀行レイクが最速・最強と考えていいでしょう。

職業・属性別の、レイクの最短当日借入

ここまでは、すべての申込者・利用者の方々に共通する、新生銀行カードローン レイクでの最短当日キャッシングの内容について解説してきました。ここから先は「このような職業・属性の方々だと、新生銀行カードローン レイクはこういう存在になる」「こういうメリット・長所がある」「逆に、このような方では不利」というようなことを説明していきます。

学生がキャッシングしやすい

まず、職業・属性別で新生銀行カードローン レイクのメリット・長所・利点を指摘すると、大手の銀行カードローンの中で、学生がもっとも借金(借り入れ)をしやすい、ということがいえます。学生はもともと、銀行カードローンではキャッシングがしにくいようになっていて、学生は借入不可という銀行融資のサービスが、かなりあります。具体的には下のような銀行カードローンですね。

  • イオン銀行・カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン
  • しずぎんカードローン

基本的に「地方銀行のキャッシングは、学生がかなり借り入れしにくい」というイメージがあります。地方銀行なのでイメージも大事ですし、そもそもそれほど大規模にキャッシングというビジネスを広げる必要もないんですね。地方銀行の場合は。

また、「学生は借入不可」と明記はされていなくても「カードローン・キャッシングの情報サイトで、学生はキャッシングできない」と書かれています。銀行カードローンであれば、さらに多数あります。「オリックス銀行カードローン・三井住友銀行カードローン」などがそれです。

さらに補足すると学生の借入はできるものの、一部の銀行系カードローンのように「親権者の同意書が必要」という条件の銀行のキャッシングもあります。言うまでもないことですが、親権者の同意書を両親からもらってくるということは、その時点で必ずキャッシングが親バレするということです。

学生がお金を借りる時には、当然「親に内緒で借り入れ(借金)をしたい」と思っているはず。それができないわけですから、一部の銀行系カードローンでは、学生はキャッシングをかなりしづらい…ということがわかるでしょう。(審査が厳しいというのは、また別の理由で借りにくいということですね。)

このような中で、新生銀行カードローン レイクは、学生の借入資格・提出書類として「親権者の同意書」なども挙げていないですし、審査通過率自体も高いですし、最短当日借入の受付時間なども長く、非常に借りやすい体制になっています。こうして見ると、学生がどうしても消費者金融でなく銀行カードローンで借りたいというこだわりを持つのであれば、新生銀行カードローン レイクが一番ということができるでしょう。

自分の収入がない専業主婦は借りにくい

学生と違って、新生銀行カードローン レイクだと逆に借りづらくなる、審査が厳しくなる…という職業・属性・肩書が「無収入の専業主婦」です。人によっては「自分の収入がない専業主婦が借り入れ・借金をできないのは当たり前では?」と思うかも知れません。

確かに、ここまでも何度か登場しているアコム・プロミス・ノーローン・アイフル・モビットなどの消費者金融の場合は、「自分の収入がない専業主婦では借り入れができない」という審査基準になっています。また、中小の消費者金融でも大部分がそのようなルールになっているでしょう。

しかし、大手の銀行カードローンでは、婚姻関係の証明書を提出するなどの条件によって、無収入の専業主婦でもキャッシングができるということが、半分程度あるわけですね。

「専業主婦でもキャッシングができる」という銀行カードローンは、意外と多くあるのです。インターネット上の口コミ・評判では借入不可と言われているが、実際にはどちらかわからない、という分類では、たとえば三井住友銀行カードローン・オリックス銀行カードローンなどがあります。

新生銀行カードローン レイクも実は「専業主婦は借入不可」とハッキリ書いているわけではありません。あくまでオリックス銀行カードローンなどと同じく「安定収入があること」という条件が書かれているだけです。なので、状況・条件によっては、自分の収入がない専業主婦でも借り入れができるという可能性はゼロではありません。(極端な話、東証1部の上場企業の社長夫人などとなったら、専業主婦でも借り入れできる可能性はある程度あるでしょう)

これはさすがに極端な例ですが、何はともあれ「あきらかに、金融庁が見ても納得するくらい、十分に信用度(クレジットスコア)が高い専業主婦」ということであれば、新生銀行カードローン レイクでも借り入れができるかも知れません。しかし、そのような例外中の例外のケース・シチュエーション・条件を除外すれば、基本的に自分の収入がない専業主婦が新生銀行カードローン レイクで借り入れ(借金)をすることは、相当難しいと考えて下さい。

アルバイト・パート・フリーターは問題なし

一方、キャッシングの審査基準でよく「借入可能かどうか不安」と初心者の方が心配する「パート・アルバイト・フリーター」については、全く問題なく借入可能となっています。キャッシング・カードローンに関する情報を紹介していると、これらアルバイト・パートなどの非正規雇用の方々については「まったく問題なく」という文言を何度も使用するくらい、借入資格・申込資格としては、何ら問題ない職業・属性となっています。

基本的にキャッシングというのは自分の収入がある人であれば、非正規雇用だろうと正規雇用だろうと、その人の信用度・クレジットスコアの範囲内で、一定の金額は借りられるようになっているわけですね。「クレジットスコア(信用度)の範囲内」というのは明確に決まっているわけではありません。

収入・月収だけで決まるのであればわかりやすいですが、実際には「個人信用情報を照会して、クレジットヒストリーをチェックする」「自宅情報を審査する」「勤務先情報から判断する」など、ありとあらゆる角度からその人を審査・ジャッジして、総合的に融資するかどうか、貸し付けするのであれば、最高限度額はいくらに設定するのか…ということを決めていきます。

ということで、新生銀行カードローン レイクでパート・アルバイト・フリーターの方々がキャッシングをする場合も「月収がいくらあればいい」というような断言は、ここでは不可能です。ただ、あくまで大体の目安を書くと「とりあえず、月収7万円か、月収8万円あれば借入可能となる可能性が高くなる」ということは言えるでしょう。

年収・月収以外の、収入面以外の審査情報がすべて最高レベルにいいという人であれば、もう少し低年収・少ない月収であっても借りられる可能性があります。極端な話「お役所のパート・アルバイトを、20年続けています」というような、圧倒的な勤続年数・最高度の職業の安定性があるのならば、月収5万円程度でも借り入れできることもあるでしょう。(これでもかなりギリギリのギリギリだとは思いますが)

というように、最終的にその人の、その申込者の月収がいくらであれば、新生銀行カードローン レイクの審査を通過・パスすることが可能となるのか…ということは、一概には言えません。(言えたらこちらとしても非常に楽なのですが…)

何はともあれ、総合的に見て、客観的に見て「自分がお金を貸す側だったら、自分に貸し付け・融資をするだろうか」という第三者の視点を持って自分の信用度・クレジットスコアを包括的に判断するようにして下さい。

ローンカードの発行をできる時間が最長

新生銀行カードローン レイクの最短当日借入のメリットをここまでも書いてきましたが、これらは「新生銀行レイクだけではなく、他の銀行カードローン・消費者金融でも同様に満たしている・クリアしている部分がある」というものでした。具体的には、当日審査の受付時間の長さについては、三井住友銀行カードローンもレイクと互角の長さであるというような点ですね。あるいは、モビット・ノーローン・アイフルでもやはり同じです。

また、「最短30分」という審査の所要時間・スピードキャッシングのレベルについても、大手の銀行カードローンだけでもしずぎんカードローン・セレカ・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」など、新生銀行カードローン レイクと同じ速度・スピードで審査を完了できる銀行融資の商品が、それなりにあるわけです。

ということで、ここまで記載してきた「新生銀行カードローン レイクの最短即日キャッシングに関する長所・メリット」というのは「独自のメリット(長所)」ではないわけですね。しかし、ここから書く「ローンカードの発行をできる時間の長さ」については、完全に新生銀行カードローン レイクのみの利点であり、強みとなっています。

24時まで発行可能なのは、レイクのみ

新生銀行カードローン レイクは、ローンカードの発行が平日と土曜日なら24時までできるようになっている(ただし、店舗などによって変わることもあり)というルール・システムになっています。日曜日・祝日は「22時まで」となり、第3日曜日だと「19時半まで」というように、曜日によって多少時短となることはありますが、それでも「土曜日ですら24時まで」というのは、率直に言って驚異的な長さです。

他の大手の銀行カードローン・消費者金融の場合、ローンカードの発行をできる締切時間は下のようになっています。(これらも新生銀行カードローン レイク同様、曜日などの状況・条件によって変わることがあります)

  • アコム・プロミス…22時まで
  • アイフル・モビット・ノーローン…21時まで
  • 三井住友銀行カードローン…夜9時まで
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」…午後5時~夜8時まで

このように、銀行カードローンも含めたすべてのキャッシングブランドの中で、一番ローンカードの発行をできる時間が長いのは(新生銀行カードローン レイクを含めない場合は)アコム・プロミスの「22時まで」なんですね。新生銀行カードローン レイクは、その最長のアコム・プロミスに対して、さらに2時間の差をつけて最長ということです。

これは客観的に見ても「圧倒的」と言っていい長さでしょう。何しろ24時と言ったら「深夜」です。深夜までローンカードの発行をできるようなサービスを大手の銀行カードローンが提供しているというのは、驚嘆に値します。(もちろん、大手だからこそそれだけの資金力があるということも言えますが)

土日・祝日でも21時~22時まで発行できる

さらに、平日だけ24時までというならまだわかりますが「土曜日でも」というのが、さらに新生銀行カードローン レイクのすごい所です。そして、日曜日・祝日についても「22時まで」ということで、ようやくプロミス・アコムと並ぶわけですね。

このように、当日中・その日中にローンカードの発行をしやすいという点では、新生銀行レイクは「キャッシング業界の中で、比類なき強さ」を誇っているわけです。特に消費者金融・銀行カードローンの自動契約機・ローン契約機が近くにないような田舎・郊外・僻地などに住んでいる方は、これは非常に便利なことでしょう。(極端な話、22時に審査を通過した後、名古屋から東京に出ても、東京でローンカードの発行に間に合うというレベルです)

第3日曜日だけ、19時半まで

一応、ローンカードの発行をできる時間の注意点も補足しておくと、新生銀行カードローン レイクは第3日曜日だけは、メンテナンスなどの事情で19時半までという時間設定になっています。中途半端なので少々覚えにくいかも知れませんが、もし第3日曜日に新生銀行カードローン レイクで最短当日借入をしようとする方がいたら、この点は注意してください。

土日・祝日・週末・休日は基本的に「ローンカードの発行」をしなければ最短当日キャッシングができないので、この時間までにカード発行ができなければ、最短当日借入はできないということです。そして、この時間にローンカードの発行の手続きを自動契約機・ローン申込機でするためには「それより前に審査完了している」ということが必要です。

審査結果が出るのを新生銀行カードローン レイクのローン契約機・無人契約機で待機していたとしても、やはり手続きを開始するまでに10分程度は見ておいた方がいいですから、19時20分程度には審査完了しなければいけない…ということです。新生銀行カードローン レイクの審査にかかる時間は「最短30分」なので、ギリギリのギリギリだと、18時50分に審査申込みということになります。

しかし、言うまでもありませんが、このような「物理的なギリギリ」で申し込みをすると、ほとんどの場合は間に合わなくなるので、さらに最低でも30分は余裕を見ておくべきでしょう。つまり「18時20分」程度には申し込みをしないといけない…ということです。(これでもかなりギリギリですが)

とうことで、週末・休日にキャッシングをする方々の中でも、特に第3日曜日に新生銀行カードローン レイクで借り入れ・借金をしようとする方は、その日中にキャッシングを成功させるためにも、申込み時間に特に注意を払って下さい。

新生銀行カードローン レイクの最短当日借入・まとめ

「今日中にキャッシングをしたい」「今すぐ借り入れ・借金をしたい」「即日お金を借りることは可能か知りたい」というような方々のための情報を、新生銀行カードローン レイクの場合に焦点を当てて、まとめてきました。レイクがかなり最短即日審査・最短当日融資をしやすいキャッシング先である、金融機関である…ということを理解していただけたかと思います。

最後にあらためて、ここまで記載してきた「新生銀行カードローン レイクの最短当日借入が有利な点」を一覧にしていくと、下記の通りになります。

  • 新生銀行の口座を持っていなくても最短当日借入ができる
  • 「最短30分」というスピード審査が可能になっている
  • 土日・祝日・週末・休日でも最短当日融資が可能
  • 毎日21時(夜9時)まで最短即日審査(多少変動あり)
  • 大手の銀行カードローンの中でおそらく一番審査通過率が高い(口コミ・評判によれば)
  • ローンカードの発行をできる時間が、すべての消費者金融・銀行カードローンの中で一番長い

このような特徴・メリットが、新生銀行カードローン レイクの最短当日借入・最短即日融資については存在しています。急ぎでお金が必要な方々にとっても、非常に役立つキャッシング先である…ということを理解していただけるでしょう。

「今すぐお金を借りたい」「今日中に借り入れができる金融機関はあるか」というような切羽詰まった場面・シチュエーションになった方は、新生銀行カードローン レイクも借入先の選択肢として、ぜひ入れてみて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング