銀行カードローン各社のローン契約機(テレビ窓口・ACM・自動契約機)

銀行カードローンナビ

2015.08.16

mag088

銀行カードローンにも、消費者金融の無人契約機のようなものがあります。
無人契約機ではなくローン契約機と呼ばれますが、ローン契約機を持っている銀行は限られています。
三井住友銀行・新生銀行が主で、その他の銀行は、持っていても台数が少なく、カードローンの審査で使えるほど便利ではありません。

というわけで、ここではこの3つの銀行のローン契約機についてまとめます。

見出し一覧

1.三井住友銀行のSMBCローン契約機(ACM)について
1-1.営業時間は9時~21時まで
1-2.審査は最短30分、最短即日借り入れも可能
1-3.プロミスの審査を受けることもできる

2.新生銀行カードローン「レイク」の自動契約機について
2-1.営業時間は24時まで。ただし最短即日審査は21時まで
2-2.ノーローンの審査もここでできる

3.まとめ「先にネット申込みをしてから、ローン契約機へ」

<

1.三井住友銀行のSMBCローン契約機(ACM)について

1-1.営業時間は9時~21時まで

三井住友銀行のローン契約機の営業時間は、9時~21時。
これはアイフル・モビットなどの契約ルーム・ローン申込機と同じ時間設定です。

1-2.審査は最短30分、最短即日借り入れも可能

三井住友銀行のローン契約機も、審査時間は最短30分。
そのため、最短即日借り入れも可能です。

1-3.プロミスの審査を受けることもできる

三井住友銀行のローン契約機は、プロミスの審査もできます。
これはプロミスや三井住友銀行カードローンの大きなメリットで、「消費者金融で借り入れしている」とバレなくて済むんですね。

外から見ると、三井住友銀行の口座開設などをしようとしているのか、プロミスの申し込みをしているのか、わかりません。
というより、三井住友銀行のローン契約機でプロミスの審査を受けられることを、ほとんどの人は知りません。

ということで、プロミスにこっそり申し込みしたい…という方にとっても、三井住友銀行のローン契約機は便利です。

2.新生銀行カードローン「レイク」の自動契約機について

2-1.営業時間は24時まで。ただし最短即日審査は21時まで。

新生銀行カードローン「レイク」も自動契約機を持っています。
この営業時間は24時まで。
すべての無人契約機の中で、一番長く営業しています。

ただ、これは「営業しているだけ」で、最短即日審査をしているわけではありません。
最短即日審査は21時で締めきっています。
つまり、アコム・アイフルなどの消費者金融と同じ時間です。

*プロミスは「9:00~22:00」です。※一部21時もあります。

この「営業時間」と「最短即日審査の受付時間」を勘違いして、「レイクは24時までOK」と思ってしまっている人もいます。
特に急ぎの時にこれを勘違いすると大変なので、注意なさってください。

a name=”c-b”>

2-2.ノーローンの審査もここでできる

新生銀行カードローン「レイク」の無人契約機は、ノーローンの審査でもできるようになっています。
ノーローンは大手消費者金融の一つですが、レイクと同様、新生銀行のグループに入っているからです。

ノーローンを申し込む人はレイクなどに比べると少ないでしょうが、全国各地に多数あるレイクの無人契約機を使えるのは、便利です。

3.まとめ「先にネット申込みをしてから、ローン契約機へ」

ローン契約機で銀行カードローンの審査を受ける場合も、先にネット申込みだけしてから行くといいです。
そうすると、個人情報を長々とタッチパネルで入力したり、申込書に手書きしたりする手間が省けるため。

全部ネットだと、これらの作業が簡単な反面、「目の前にお客さんがいない」ということで、待たされてしまいます。
これに対して、ローン契約機で審査を受ければ「そこでお客さんが待っている」ということで、優先的に審査してもらえます。

なので「個人情報の入力をしなくていい」というネット申込みと、「優先的に審査してもらえる」ローン契約機を組み合わせるといいんですね。
この組み合わせですばやく審査してもらう方法は、多くの方が活用しています。

これから銀行カードローンの申し込みをローン契約機でされる予定の方は、ぜひ参考になさってください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング