横浜銀行カードローンで即日融資は可能か?浜銀で今日中に借りるために・・・・

銀行カードローンナビ

2016.01.26

電卓とお札とカード

最短即日キャッシングも横浜銀行は可能

これは大手の銀行カードローン・消費者金融であればどこでも共通していることですが、横浜銀行カードローンでも最短当日キャッシングは、問題なく可能となっています。わずかでもカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人だったら、このあたりの知識は完全に網羅しているでしょうが、現代のキャッシングでは最短当日借入が可能というのは常識になっているわけですね。

そうした流れの中で、横浜銀行カードローンも他の消費者金融・銀行カードローンと同じように最短当日借入ができるようになっている…ということです。以下、横浜銀行カードローンでその日中にお金を借りたい場合、どのくらいの時間に申し込めばいいのかなどの条件を書いていきます。

横浜銀行の口座が必要という条件だが…

横浜銀行カードローンで最短即日借入をするには、横浜銀行の口座が必要というルールになっています。こう書くと「横浜銀行の口座持っていない人は借入不可」と感じられるかも知れませんが、そうでもありません。というのは、他の銀行カードローンだったら確かにそれで借入不可になりますが、横浜銀行カードローンの場合は、当日口座開設してからキャッシングの審査に申し込む…という方法もあるからです。

時間的には少々ギリギリになりますが、それでも最短当日借入自体は問題なくできるということですね。朝イチの午前9時などの時間帯に横浜銀行の本支店に行く必要がありますが、そのような時間帯に行動できるのであれば、現時点で横浜銀行の口座を持っていない人でも、横浜銀行カードローンを利用してその日中にお金を借りるということは、まったく問題なくできるわけです。

正午までには審査の申し込みが必要

横浜銀行カードローンで最短即日キャッシングをするための条件として、「キャッシングの審査の申し込みを正午までにする」という点が指摘できます。絶対に正午までと決まっているわけではありませんが、逆算するとそのようになります。(箇条書きで説明します)

  • 横浜銀行カードローンは銀行振り込みによって最短即日融資をする
  • ということは、銀行が営業している15時までには、振込手続きをしないといけない
  • 横浜銀行カードローンの審査の所要時間は、大体数時間
  • 15時から3時間逆算すると、正午までには審査の申し込みが必要になる

ということです。横浜銀行カードローンのキャッシング審査にどのくらいの時間がかかるのかという点は、明確にはわかっていません。公式サイトには「最短即日」と書かれているだけで、たとえば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や静岡銀行カードローン「セレカ」などのように「最短30分」と明記されているわけではありません。

ただ、こういう場合は大体「最短で数時間」と口コミ・評判では言われているので、数時間=3時間と計算して、上のように書いています。そして、正午までの審査の申し込み=ほぼ午前中の申し込みということなので、「横浜銀行カードローンで最短当日借入をしたい人は、午前中には申し込むようにする」と意識して下さい。

横浜銀行カードローンの審査の所要時間は?

これは上に書いた通り「最短で、大体数時間」と推測できます(あくまで推測です)。これもあくまで最短なので、人によっては半日程度かかることもあるでしょうし、あるいは翌営業日に審査が持ち越される…ということもあるでしょう。

これは横浜銀行カードローンの審査に限った話ではありませんが、キャッシングの審査の時間や審査通過率などの基準はすべてケースバイケースで、その人のクレジットスコア(信用度)によって決まるというのが実情です。つまり、明確な一つの答えはないということですね。なので、横浜銀行カードローンの借入審査にかかる時間も、大体最短で数時間…というくらいの推測しかできません。信用度(クレジットスコア)が高い人ほど早く審査が完了し、クレジットヒストリーや他社借入状況などに問題がある人ほど、審査に時間がかかる…という風に考えて下さい。

横浜銀行の当日審査の受付時間を過ぎたらどうする?

横浜銀行カードローンの審査で、この「正午まで」という当日審査の受付時間を過ぎてしまったらどうするか―。これは、翌日のキャッシングでもいいのであれば、翌日まで待てばいいだけです。

しかし、当然ながら横浜銀行カードローンで最短当日キャッシングをしようとしていたくらいなら、当然「その日中にお金が必要」「急ぎでお金を借りたい」という状態でしょう。このような場合は、他の銀行カードローンで借りるという選択肢に、当然ながらなります。

おすすめの3つの銀行カードローン

消費者金融やクレジットカード会社ではなく、あくまで銀行カードローンで借りたい…というのであれば、下の3つの銀行カードローンがおすすめです。

  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン(レイク)

これらは「最短当日借入をしやすい銀行カードローン」の定番といえる御三家なので、借り入れに関する知識がある人であれば、何度もカードローン・キャッシングの情報サイトなどで目にしているかも知れません。

何はともあれ、これらの銀行カードローンはまず「最短30分」で審査できるという点で、消費者金融のような審査スピードを誇っています。また、バンクイックなら17時~20時まで、新生銀行・三井住友銀行なら毎日21時頃までという風に、かなり遅い時間帯まで最短当日審査に対応してくれる…という点も魅力・メリットということができます。

特に新生銀行カードローン レイク・三井住友銀行カードローンの「毎日夜9時まで」という当日審査の受付時間は、モビット・アイフル・ノーローンなどの消費者金融と同じ水準になっています。(これらの消費者金融も、店舗や状況・条件によっては時間が違うこともあるので注意してください。)

というように、審査スピードの早さや当日審査の受付時間の長さなどの点で、これらの3つの銀行カードローンが大手の銀行カードローンの中では特に最短当日キャッシングがしやすいということで口コミ・評判でも高く評価されている…ということなんですね。なので、どうしても当日中にお金を借りたい、キャッシングをしたいという方で、銀行カードローンにこだわりたいということであれば、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)のいずれかの借入先をおすすめします。

消費者金融ならさらに借りやすい

「銀行カードローンにこだわるなら」という観点から、上の3つの銀行カードローンをおすすめしてきましたが、もし「銀行カードローンでなくてもいい。消費者金融でもいいからその日中にお金を借りたい」ということであれば、プロミス・アコム・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融をおすすめします。これらのキャッシングブランドの方が銀行カードローンよりも有利な理由は下の通りです。

  • 同じ「最短30分」でも、本当に30分で終わる確率が高い
  • そもそもの審査通過率も高い
  • アコムなどは、毎日22時まで最短当日審査に対応している
  • ↑(状況・条件や店舗の違いなどによって、時間が変わることもあり)
  • 土日・祝日の最短即日借り入れもできる
  • 保有している銀行口座の条件に限定条件がない

ということです。わかりやすく単語だけで書き出すと下のようになります。

  • 実際に30分
  • 審査通過率
  • 22時まで
  • 土日・祝日
  • 銀行口座

ということですね。キャッシング・消費者金融の知識に興味がある人は、これらの内容も把握しているでしょうが、こうしてキーワードだけで抜粋すると整理しやすくなるのでおすすめです。

何はともあれ、このような理由からモビット・アイフル・ノーローン・アコム・プロミスなどの大手の消費者金融だと、さらに最短当日キャッシングがしやすくなるので、横浜銀行カードローン以外の借入先としては、これらもおすすめします。

銀行にこだわるなら、新生銀行レイク

そもそも、最初に横浜銀行カードローンを検討していたくらいなら、「やはり銀行カードローンで借りたい」という気持ちが強いかも知れません。そのようなこだわりを持つ方であれば、大手の銀行カードローンの中ではやはり新生銀行カードローン レイクをおすすめします。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」・三井住友銀行カードローンよりも、新生銀行レイクの方がいい理由は下のようになります。

  • 大手の銀行カードローンの中で一番「最短30分」で終わりやすい
  • 大手の銀行キャッシングの中で、トップレベルで審査通過率が高い
  • ローンカードの発行をできる時間が、22時から24時までと、最長
  • 学生でも親権者の同意書なしでキャッシングができる

という点です。唯一の難点があるとしたら新生銀行カードローン レイクでは、自分の収入がない専業主婦はキャッシングができないという点です。※三井住友銀行カードローンは少々難しいですが、多少可能性はあるようです。新生銀行カードローン レイクは、無収入の専業主婦ではほぼ無理なようです。

というように、借入可能な職業・属性については多少のデメリット・注意点もありますが、それは過剰融資・過剰貸付をしていないということで、評価すべきことでしょう。何はともあれ、パート・アルバイト・フリーター・会社員・OL・公務員・サラリーマンなど自分の収入を得ている人であれば、新生銀行カードローン レイクではまったく問題なく最短当日借入をすることができます。

というように、横浜銀行カードローン以外のキャッシング先の選択肢をまとめてきました。大至急お金を借りたいという方で、横浜銀行カードローンの当日審査の受付時間を過ぎてしまった…という方は、これらの消費者金融・銀行カードローンも候補に加えてみて下さい。

横浜銀行カードローンがおすすめな人

ここまでは主に「横浜銀行カードローン以外で、最短当日借入がしやすい消費者金融・銀行カードローン」を紹介してきました。横浜銀行カードローンも最短当日キャッシングは冒頭に書いた通りできるのですが、土日・祝日の最短即日借入ができなかったり、正午までに審査の申し込みをしなければいけない…などの制約がありますからね。

しかし、当然ながら他の銀行カードローン・消費者金融よりも、横浜銀行カードローンで最短当日借入をするのが一番借りやすいというおすすめなタイプの人…というのも当然いるわけです。だからこそ、他の消費者金融・銀行カードローンとは別に横浜銀行カードローンが存在しているわけですからね。「存在するものは、合理的である」という哲学者・ヘーゲルの言葉もありますが、横浜銀行カードローンというサービスが実存しているということは、他の消費者金融・銀行カードローンやクレジットカードにはないメリット・長所がある…ということなんですね。

ということで、ここではそのような横浜銀行カードローンの長所(メリット・利点)に着目して、どのような申込者がお金を借りたい時に、横浜銀行カードローンを選ぶべきかをまとめます。

横浜銀行をメインバンクにしている

メインバンクというのは普段使っている銀行のことです。

  • 給与振込先
  • クレジットカードの引落口座
  • 携帯電話や公共料金の引落口座

というものに使っている銀行口座のことですね。要は「一番よく使う銀行口座」のことです。これが横浜銀行だったら、キャッシングでお金を借りる時にも横浜銀行カードローンを利用する…というのがベストでしょう。

利用手数料がかかりにくいというのもありますし、クレジットカードなどの口座引落の残高が足りない時に、横浜銀行カードローンから振り込んでもらって解決…という風になりやすいです。他の銀行カードローンだったら、横浜銀行の口座に振り込むのに手数料がかかったり、あるいは横浜銀行カードローンで借りたお金を他の銀行口座に入金したりしなければいけない…ということになりますからね。何かと厄介なわけです。

そのような厄介さが排除され、借入・返済も引き落としもすべてが一つの銀行口座に集約される・一本化される…という点でも、メインバンクが横浜銀行という方の場合は、横浜銀行カードローンでお金を借りるのがいいわけです。

横浜銀行の店舗が近くにある

また、小まめに借入・返済をしたいという人の場合は特に、横浜銀行の店舗が近くにあるかどうか…というのが重要な点になります。言うまでもなく、横浜銀行のATMだったら、借入・返済ともにATM利用手数料がなしになるということですね。借入・返済の回数が多くなればなるほど、手数料の負担があるかないかというのは重要なポイントになりますから。

特に利息を安くしようとして小まめに臨時返済・任意返済していたのに、結果ATM利用手数料の方が高い総額になってしまった…ということでは、笑うに笑えないですからね。

なので、他の銀行キャッシングではなくあえて横浜銀行カードローンを選ぶという人は、横浜銀行の店舗が自宅や勤務先の近所にあるか…という点でも検討していただくといいでしょう。

それ以外の人には、特におすすめではない

以上、2つのパターンで「横浜銀行カードローンがどのような人におすすめか」を書きましたが、逆に言えば「これらに該当しない人の場合は、最短当日借入のしやすさでは他の銀行カードローンの方がおすすめ」という結論になります。

そもそも、横浜銀行カードローン以外でも地方銀行は大体そうですが、すでにその銀行をメインバンクにしている人にとって有益なサービスなんですね。不特定多数のキャッシングのニーズに応えることに関しては、アコム・プロミス・アイフル・モビットなどの大手の消費者金融、あるいは都市銀行のカードローンの方が向いているのです。みずほ銀行・三井住友銀行などのメガバンクですね。

ということで、上に書いた2通りのパターンの方々(横浜銀行のユーザーである、近くに横浜銀行の店舗がある)というケースだったら、横浜銀行カードローンで最短当日キャッシングをするということはおすすめです。しかし、その他の方であれば、銀行カードローンにしても消費者金融にしても、ここで紹介してきたようなその他のキャッシング先・借入先を検討した方がいいでしょう。

横浜銀行カードローンの最短当日融資・まとめ

その日中にお金を借りたいという方々にとって役立つ、横浜銀行カードローンの最短当日借入についてまとめてきました。最後に要点を振り返ると下のようになります。

  • 横浜銀行カードローンも最短当日借入は可能である
  • 平日の午前中・正午までに申し込みすればOK(絶対ではない)
  • 土日・祝日の最短即日借り入れはできない
  • 横浜銀行の口座が必要だが当日口座開設できる
  • 横浜銀行のユーザーや店舗が近い人以外は、他がおすすめ

というのが今回の記事の要点です。最後に補足しておくと、横浜銀行カードローンを利用するためには、神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤しているという条件が必要です。これを満たしていないとそもそも借り入れ自体ができないので、この点は注意してください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

横浜銀行カードローンで今日中に借りる!