イオン銀行カードローンで最短即日融資!今日中にキャッシングできる?

銀行カードローンナビ

2017.07.04

ノートパソコンと銀行のホームページ

イオン銀行カードローンBIGは最短即日融資も可能

イオン銀行カードローンBIGでは、他の大手の銀行カードローン・消費者金融同様、最短当日借入も可能となっています。これは今のキャッシングでは当たり前のことなので、特筆すべきことでもありません。

しかし、最短当日キャッシングができるという条件の中でも、さらにイオン銀行カードローンBIGならではのメリットもあります。ここではイオン銀行カードローンBIGの最短当日審査・当日借入について説明していきましょう。

14時頃までに審査の申し込みをする

イオン銀行カードローンBIGは、大体14時までに審査の申し込みをする…というのが最短当日審査の必要条件となっています。これより後の時間に審査の申し込みをすると、最短即日審査はかなり難しくなると思って下さい。

これは別にイオン銀行カードローンBIGだけではありません。ほとんどの銀行カードローンの最短当日審査の受付時間はこのようになっています。三井住友銀行・三菱UFJ銀行・新生銀行カードローン レイクなどは例外的に20時~21時程度まで最短当日審査をしていますが、これらの3つの銀行カードローンは少々例外ということですね。

イオン銀行の口座が必要

イオン銀行カードローンBIGで最短当日キャッシングをするための必要条件として、「イオン銀行の口座をすでに持っている」ということが挙げられます。イオン銀行の口座を持っていない人は、年収や職業などの諸条件がどれだけ良かったとしても、少なくとも最短当日借入だけはできません。(審査の通過した後、1週間程度で借りられる…などのケースはあり得ますが)

これを読んで「じゃあ、イオン銀行の口座を当日開設して、それからキャッシング審査に申し込むのはどうか?」という考えも出てくるでしょう。これは、みずほ銀行カードローン・横浜銀行カードローンなどではできますが、イオン銀行では不可能となっています。口座の当日開設自体ができないんですね。

イオン銀行は、基本的に有人店舗をほとんど持っていません。一応イオンモールの中などに窓口はありますが、やはり当日口座開設は基本的にできないようです。

大体、口座開設の申し込みをした後、1週間程度でキャッシュカードが自宅に郵送されてくる…ということです。つまり「イオン銀行は、口座開設まで1週間程度かかる」ということですね。なので、みずほ銀行・横浜銀行などのキャッシングの審査のように、「口座開設してからカードローンの審査に申し込む」というスピード技はできない…というわけです。

土曜日・日曜日・祝日でもキャッシング可能

イオン銀行カードローンBIGは、土曜日・日曜日・祝日でも最短当日キャッシングができるようになっています。これはアコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどの大手の消費者金融だったら当たり前ですが、銀行カードローンでは一部、土日借入には対応していない所があるので、それと比較するとイオン銀行の最短当日借入の有利な点だと言えます。

具体的にいうと、たとえばみずほ銀行カードローン、横浜銀行カードローンなどが土日キャッシングができないし、静岡銀行カードローン「セレカ」もできないのですが、このように、メジャーな銀行カードローンの中でもいくつか土日借入不可という所はあるんですね。

まして地方銀行のカードローンになると、ほとんどが土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングには対応していません。という中で、土曜日・日曜日・祝日の最短当日審査・最短当日融資ができるというのは、イオン銀行カードローンBIGの一つのメリット考えていいでしょう。

イオン銀行カードローンBIGの審査の所要時間

最短当日キャッシングをしたい人にとって、特に気になるのは審査の所要時間でしょう。どれくらいの審査時間が必要なのか…ということですね。特に急ぎでお金を借りたいという人、今日中にお金が必要という方にとっては、死活問題ですらあります。ここでは、そのような審査の所要時間について、イオン銀行カードローンBIGの場合はどうなっているか、解説していきます。

大体数時間、銀行カードローンの平均レベル

最初に簡単に結論を書くと、イオン銀行カードローンBIGの審査の所要時間は大体数時間となっています。これはほとんどの大手の銀行カードローンがそうなので、特に早くもなく、遅くもないと思って下さい。

早くないということは、つまり「何が何でも今日中にお金を借りたい」というような切羽詰まっている方には、あまり向いていないということです。そのように急ぎでお金を借りたい方の場合、銀行カードローンで借りるのであれば、新生銀行カードローン レイクが一番でしょう。

急ぎでお金が必要なら、新生銀行など

新生銀行カードローン レイクだとどのくらい最短即日キャッシングが申し込みやすいかというと、下のような条件になっています。

  • 毎日21時(夜9時)まで最短当日審査している
  • 審査の所要時間は「最短30分」である
  • 新生銀行の口座を持っていなくてもいい
  • 大手の銀行カードローンの中で特に審査通過率が高い

という、主に4つの理由があります。これをイオン銀行カードローンBIGと比較すると、下のようになります。

  • イオン銀行カードローンBIGの最短当日審査は、14時か15時で終わる
  • 審査の所要時間は不明。最短即日ということだけわかっている
  • イオン銀行の口座がなくてはいけない
  • 審査通過率は、銀行カードローンの平均レベル

という風にどの項目を見ても、最短当日キャッシングについては新生銀行カードローン レイクが有利…という風になってっいるんですね。

もちろん、これはイオン銀行カードローンBIGのサービスが悪いということではありません。イオン銀行カードローンBIGは、ソニー銀行カードローンと並んで100万円以下での借り入れの金利が、一番安い銀行カードローンです。要するにほとんどの人にとって一番低金利な銀行カードローンというのは、イオン銀行カードローンBIGかソニー銀行カードローンなんですね。

それだけ低金利なので、多少最短当日借入がしにくくなるというのは仕方がないことです。新生銀行カードローン レイクは逆に「消費者金融並みの高金利」(アイフルと同じ実質年率)なわけですから、それで最短当日キャッシングで有利になるのは、ある意味当然のことなんですね。

さらに急ぎなら、消費者金融で借りるべき

新生銀行カードローン レイクでも間に合わないというくらい急ぎでお金が必要…という時には、消費者金融で借りるべきでしょう。具体的にはアコム・プロミスで借りるのがベストです。というのは新生銀行カードローン レイクは夜9時までしか最短当日審査ができないけど、プロミス・アコムは夜10時まで最短即日審査をしている…という理由です。つまり1時間だけではありますが、夜間ギリギリの時間まで当日中に審査できるので、このような切羽詰まった時間帯に申し込みをする時には、アコム・プロミスの方が新生銀行カードローン レイクよりも有利…となるわけです。

ちなみに、プロミス・アコムのどちらにすべきかですが、これは「アコム」と言えます。理由はアコムの方が審査通過率が高く45%前後で、プロミスは40%前後となっているからです。つまり、ギリギリでお金が必要で、何が何でも今すぐお金を借りたいという場面では、プロミスよりアコムを選ぶべき…ということですね。

こう書くと「プロミスよりアコムの方がいいのか」と思われるかも知れませんが、あくまで「急ぎでお金が必要」という人の場合です。プロミスは消費者金融から銀行カードローンのような存在に徐々に変わりつつあり、たとえば下のようなメリットがあります。

  • ポイントを貯めれば、無利息期間を何度でも適用できる
  • 三井住友銀行ATMが無料で使える
  • 返済のみなら、コンビニのメディア端末(Loppiなども無料で使える)
  • クレジットカードのような会員優待サービスがある
  • 審査や手続きで、三井住友銀行のローン契約機が使える

などなど。一応消費者金融ではありますが、徐々に銀行カードローンやクレジットカードのようなサービスに変わりつつある…というのが実感していただけるかと思います。

このようにプロミスはアコムより審査が厳しい分、金利・利息面やサービス面でメリットが大きいので、時間に余裕がある時矢、信用度(クレジットスコア)に自消費者金融がある時は、プロミスの方がいいのです。しかし、ギリギリでお金が必要な時は、大体信用度(クレジットスコア)も低いはずなので、審査に申し込みやすいアコムを選ぶべき…ということですね。

イオン銀行の最短当日借入のメリット・デメリット

どんなサービスでも商品でもメリット・デメリットがあります。イオン銀行カードローンBIGの最短当日借入についても当然メリット・デメリットがあります。ここではそのような、イオン銀行カードローンBIGの長所・短所について説明していきましょう。

専業主婦は特に有利

イオン銀行カードローンBIGでのキャッシングは、家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)にとっては特にしやすいものです。理由は他の銀行カードローンが、家庭に入っている女性だと30万円までしか借りられないのに対して、イオン銀行カードローンBIGは50万円まで借りられるということ。楽天銀行スーパーローン(カードローン)など、例外的250万円借りられる銀行カードローンもいくつかありますが、基本的には、ほとんどの銀行カードローンが「30万円まで」なんですね。

なので、特に高額借入・高額融資を希望する家庭に入っている女性の女性の場合、イオン銀行カードローンBIGが一番いい借入先となります。楽天銀行スーパーローン(カードローン)でもいいですが、特に日頃イオン銀行の口座を使っていたり、イオンモールでショッピングをしたりしている…という場合には、イオン銀行カードローンBIGを利用するのが一番いいでしょう。

また、イオン銀行カードローンBIGでの家庭に入っている女性のキャッシングの有利な点として、配偶者の同意書なしで借りられる…という点が指摘できます。配偶者の同意書というのは夫・旦那の同意書のことですが、家庭に入っている女性の借り入れでは、これが必要になる…という銀行カードローンがいくつかあるわけですね。

夫・旦那の同意書が必要ということは、当然そのキャッシングは夫・旦那にバレてしまうということです。借り入れが夫バレ・旦那バレして平気な専業主婦というのはいないはずなので、事実上これは「自分の収入がない女性は借入不可」というのに近いわけですね。

イオン銀行カードローンBIGはそのような銀行カードローンと違って、夫・旦那の同意書を提出することなく借りられます。なので、夫・旦那に内緒、家族に内緒でキャッシングをしたいという専業主婦にとっても、メリットがある借入先というわけですね。

イオン銀行の口座が必要なのが難点

これもデメリット・短所・注意点になってしまいますが、イオン銀行カードローンBIGで最短当日キャッシングをするには、平日でも土曜日・日曜日・祝日でもイオン銀行の口座がなければいけません。イオン銀行の口座を保有していない人は、最短即日借入は不可…というわけですね。

これは最近の銀行カードローンの中では、やや不利なパターンです。たとえば下の3つの銀行カードローンは、「平日だろうと土曜日・日曜日・祝日だろうと、口座なしで最短当日借入できる」というルールになっています。

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン(レイク)

そして、下の銀行カードローンは「平日なら、口座なしで最短当日キャッシング可能」となっています。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • ソニー銀行カードローン

また、下の銀行カードローンは「口座が必要だけど、当日開設ができる」という条件です。

  • みずほ銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」

こうして見ると平日でも土曜日・日曜日・祝日でも口座が必要で、しかも当日開設ができないというイオン銀行カードローンBIGの条件は、この点については少々不利と言わざるを得ません。

ただ、その分ここまでも書いた通り「上限金利でナンバーワンの低金利」ということで、一番低利息で借りられる銀行カードローンの候補です(ソニー銀行と並んで)。

そのように低金利である分、最短当日キャッシングの条件が多少厳しい…ということで理解していただけたらと思います。

イオン銀行カードローンBIGの最短当日借入・まとめ

以上、イオン銀行カードローンBIGでの最短即日審査・当日キャッシングについてまとめてきました。最後に要点をおさらいすると、下のようになります。

  • 平日でも土曜日・日曜日・祝日でも最短当日借入できる
  • 最短当日融資にはイオン銀行の口座が必要
  • イオン銀行の口座の当日開設はできないので、事前に持っていないといけない
  • 審査の所要時間は数時間程度
  • 14時頃までには審査の申し込みが必要
  • 家庭に入っている女性にとっては、特に有利な銀行カードローン
  • 学生はキャッシング自体ができない

というのが、イオン銀行カードローンBIGの最短即日融資のポイントです。急ぎでお金を借りたいという方、その中でも特に、できるだけ低金利な銀行カードローンで借りたいという方は、参考にしていただけたら幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)